スポンサードリンク

ソニー RX1R II のDxOMark センサースコア結果が出た

Pocket
LINEで送る

DxO Mark センサースコアテストにSony Cyber-shot DSC-RX1R II の計測結果が掲載されました。
総合スコアは97ポイントということで、期待通りの高いスコアが出ています。

DxOMarkのテスト結果としては、101ポイントのPentax 646Z、98ポイントのSONY α7RII、同じく97ポイントのNikon D810の次で4位の性能となっています。(実質同率3位)

兄弟モデルのDSC-RX1RとRX1との比較

色再現性とISO1600以上での高感度性能が向上しています。

ライバルとなるLeica Qとの比較。

各項目共に、ソニーのセンダーが一枚上手のようですが、特にダイナミックレンジは1.2EV相当違うのが大きいようです。
また、フルサイズ機ではベストスコアを出しているα7RIIと同じタイプのセンサーが使われていることが判ります。

ということで、 DSC-RX1RM2は、645Zに使われているソニー製中判以外ではほぼ最強のセンサーと、光学可変式ローパスフィルラー、そして、フルサイズセンサーに最適化されているZeissレンズの組み合わせは、現時点で最も高画質で撮影出来るカメラの1台に間違い無いようですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “ソニー RX1R II のDxOMark センサースコア結果が出た

コメントを残す