スポンサードリンク

ライカM(Typ262)発表

Pocket
LINEで送る

mirrorlessrumorsの情報通り、新型Mマウントカメラ、Leica M(Typ262)が発表されました。

すでに日本語のサイトでもスペックやサンプルイメージを確認出来るようになっていました。

ライカM(Typ262)は、機能性を重視したフォルムにより、時代に左右されない美しさを備えています。無駄を極限まで省き、完成度を高める。そんな優れたデザインの典型といえる仕上がりです。

Via : 特長 // ライカM // Mシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG

  • レンジファインダーカメラ
  • 高画素2400万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを採用
  • 画像処理エンジンには「LEICA MAESTRO(ライカ・マエストロ)」を採用
  • トップカバーの材質にアルミニウムを採用し約100g軽く
  • 露出モードは、絞り優先AEモードと、マニュアル露出モードの2種類
  • 92万ドット3.0型 液晶モニター
  • モニターのカバーガラスには、ゴリラガラスを採用
  • メニューの表示は2画面だけのシンプルな構成
  • 動作音が「ライカM(Typ 240)」に比べて非常に小さいシャッターチャージ機構を搭載
  • 連写 3コマ/秒

ライカM(Typ262)公式サンプルイメージ

情報ではエントリレベルという触れ込みでしたが、トップカバーがアルミに変わり軽量化(Typ240が680gに対し、このTyp262は600g)しながらも、中身は正にLeica Mという注目のモデルですね。
ちなみに、動画撮影に関するスペックが記述されていませんので、逆にTyp240よりピュアなスチルカメラと言えるかもしれません。

価格はどの程度になるのでしょうか?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す