スポンサードリンク

キヤノン 新EF-MレンズはEF-M35mm F1.8 STM?(CW)

Pocket
LINEで送る

先日、キヤノンがより上級のEF-M単焦点レンズを準備中という情報がありましたが(こちら)canonwatchが関連する情報を掲載しました。

I have been told (thanks) that Canon may announce a prime lens for the EOS M system somewhen in the first half of 2016, maybe in Q1. The suggested lens is an EF-M 35mm f/1.8 STM.

Via : Canon EF-M 35mm f/1.8 STM for EOS M coming in 2016? [CW3] – CanonWatch

  • EOS Mシステムの製品が2016年の前半、おそらく第一四半期に出る
  • その候補お1つはEF-M 35mm f/1.8 STMレンズ
  • 新たなソースから来たのだが、現時点でこの情報の確度はCW3としたい、理由は以下の3点
    1. キヤノンはEOS Mシステムを真剣に検討し始めている。よって基本となるレンズについては早期の投入が見込まれる。
    2. canonwatchは既にEF-Mの単焦点レンズが発表されるということに言及していた。
    3. キヤノンのMasaya Maeda氏がEF-Mレンズがすぐに出るだろうということを語っていた
  • APS-Cセンサーで、焦点距離35mmのレンズはフルサイズ換算56mmレンズとなり、古くからの標準レンズの焦点距離(50-55mm)である、よって情報は理にかなっている
  • 現在、EOS Mシステムの単焦点レンズはEF-M22mm F2 STM(換算35mm)たった1本しかないことから、新35mmレンズの追加は歓迎されるだろう
  • これらのことからキヤノンがEOS-Mシステムのレンズを1本追加するのなら35mmレンズになるだろう

ということです。

コンパクトなミラーレスEOS-Mに、大口径の換算56mm単焦点が追加されるとすれば、さらに魅力的なシステムになりそうですね。

もちろんSTMレンズになりそうですので、もしこの情報が正しいとすればそのレンズは EF-M 35mm F1.8 STMとなりそうです。

女子カメラの方々のみならず、多くのカメラファンが望んでいる雰囲気のあるボケ写真もこれで大丈夫ですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す