スポンサードリンク

「ライカSL」(Typ601)正式発表!STRAIGHT PRO!

Pocket
LINEで送る

先日の噂通り、ライカの新ミラーレスカメラ、Leica SL Typ601が正式発表されました!
キャッチフレーズの1つに“STRAIGHT PRO”を掲げ、プロ向けのミラーレスカメラとしてアピール。連写11コマ/秒やV-LOGの4K動画撮影等ミラーレスカメラとして最新機能でそれを実証しています。

製品情報ページ

Vimeoにアップされたプロモーションビデオ

スペック

  • イメージセンサー
    • 2400万画素CMOSセンサー
    • IRフィルター付き、ローパスフィルター無し
    • ISO 50–ISO 50000
    • センサークリーニング
  • レンズ
    • ライカLマウント
    • Leica Vario-Elmarit-SL 24–90 mm f/2.8–4 ASPH.
    • Leica APO-Vario-Elmarit-SL 90–280 mm f/2.8–4
    • Leica Summilux-SL 50 mm f/1.4 ASPH.
    • Tマウントカメラ対応
    • Leica M-Adapter Tによって、ライカMレンズに対応
    • Leica S-Adapter Lによって、ライカSマウントレンズに対応
    • Leica R-Adapter Lによって、ライカRマウントレンズに対応
    • Leica PL-Adapter Lによって、ライカシネレンズに対応
  • イメージプロセッサー
    • Leica Maestro II
    • 内部バッファーRAW 2GB: 33ショットの DNGファイル、又は30ショットの JPEG+DNGファイル
    • イメージ
    • カラーデプス 14bit(DNG)、8bit(JPEG)
    • JPEGカラースペース Adobe RGB, ECI RGB, sRGB
  • シャッタータイプ
    • フォーカルプレーンシャッター
    • 1/8000〜60秒
    • ドライブモード
    • シングル
    • 連写 スロー 4コマ/秒、ミディアム 7コマ/秒、ファースト 11コマ/秒
    • セルフタイマー 2秒/12秒
    • インターバル
    • 露出ブラケット
    • バルブ最大30分
  • EVF
    • 解像度 SXAG, 440万ドット
    • サイズ 0.66型
    • アイポイント 20 mm
    • フィールドオブビュー37°
    • 倍率 × 0.80 (50mmレンズ無限遠 -1dpt)
    • 視野率 100%
    • 視度調整 − 4 to +2
    • アイセンサー付き
    • フォーシング
    • コントラスト AF
    • フォーカスモード AF-S(フォーカス優先)、AF-C(シャッター優先)、MF、タッチAF
    • AFモード スタティック、ダイナミック(トラッキング)、オート(顔認識)
    • AFサイズ ポイント、フィールド、ゾーン(9フィールド)
    • AFポイント 37または49ポイント
    • AFアシストランプ内蔵
  • 露出
    • 露出モード、P:プログラム、T;シャッター速度優先、A:絞り優先、M:マニュアル
    • 測光モード 中央重点、マルチゾーン、スポット
    • 露出補正 ±3 EV 1/3または1/2EVステップ
    • 露出ブラケット 3枚/5枚/7枚 露出ステップ1/2/3、ダイレクトJPEG-HDR生成
  • ライブビュー
    • フレームレート 最大60fps
    • 露出シミュレーション対応
    • フォーカスピーキング、ヒストグラム、クリッピング領域のゼブラ表示、グリッド表示(3×3、6×4)、アスペクトレシオ(1.33:1; 1.66:1; 1.78:1; 1.85:1; 2.35:1; 2.4:1)、セーフエリア表示 (80 %; 90 %; 92.5 %; 95 %)
  • 動画
    • ファイルフォーマット MP4, MOV
    • 解像度 4K (4096 × 2160) @ 24 fps; 4K (3840 × 2160) @ 25 and 30 fps; 1080 @ 24, 25, 30, 50, 60, 100 and 120 fps; 720 @ 24, 25, 30, 50, 60, 100 and 120 fps
    • ビットレート 8 bit (内部記録); 10 bit (HDMI出力)
    • カラーサンプリング 4:2:2/10 bit (HDMI出力); 4:2:0/8 bit (SDカード記録)
    • ビデオ V-Log Lガンマ選択時
    • オーディオ マニュアル/オート ステレオマイク 48 kHz, 16 bit ウィンドノイズ低減
    • オーディオアダプタによる外部マイク対応 In3.5mmジャック、Out3.5mmジャック
    • 動画最長時間 29分、最大ファイルサイズ 4GB
  •  ストレージ
    • デュアルSDスロット
    • SD1スロット UHS II 100 MB/s
    • SD2スロット UHS I 30 MB/s
  • ボディ
    • アルミ削り出し
    • 防塵・防滴仕様
    • インタフェース USB 3.0 Micro Type B; HDMI Type A; オーディオ用マルチコネクタ、レリーズ用マルチコネクタ、ISOアク
    • セサリシュー、標準Xジャック
    • 縦位置グリップ対応 マルチファンクションボタン付き
    • ロックピン付き三脚穴
    • サイズ 147 × 104 × 39 mm (W × H × D)
    • 質量 771g(ボディのみ)/847g(バッテリー付き)

ライカのミラーレスカメラは、プロ向けにストレートに訴求出来るだけのスペックを備えているようですね。

また、ライカの殆どの交換レンズがマウント出来るということで、まさに、ライカカメラの集大成的な位置付けと言えると想います。

価格もそれなりに高価になるようですが、プロの方のみならず、Mマウントレンズをお持ちの方にも注目のボディになりそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

ライカM 50周年記念モデル M7+50mm/F1.4 ASPHチタン

ライカM 50周年記念モデル M7+50mm/F1.4 ASPHチタン
価格:1,944,000円(税込、送料込)

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “「ライカSL」(Typ601)正式発表!STRAIGHT PRO!

  • 2015年10月22日 at 7:31 PM
    Permalink

    欧米のデザインは優劣の落差が激しいですね。一つのマウントで、あらゆるレンズに対応するーーというコンセプト、あるいはプラットフォーム戦略は、ソニーとも被りますね。今後に注目です。

    Reply
    • 2015年10月24日 at 7:58 PM
      Permalink

      ソニーより、さらにプロ領域をターゲットにしたのは流石ライカですね。

      Reply

コメントを残す