スポンサードリンク

The Phoblographerが選ぶポートレートの適する8本の美しい50mmレンズ

Pocket
LINEで送る

カメラ・レンズレビュー等を掲載しているサイトThe Phoblographerが8本の素晴らしい50mmレンズを選出しています。

While the 85mm lens is very popular amongst the portrait photography community, some folks prefer to reach for the 50mm focal length.

Via : Eight Beautiful 50mm Lenses for Portraits

多くのフォトグラファーは85mmをポートレンズとして使われている中、今回の記事はあえて50mmからの選出されています。
50mmであればAPS-Cカメラで約85mmとして使うことも出来るということです。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

  • ARTの名称にふさわしい画質
  • これまで見て来たレンズの中で最も美しい画質が得られる1本
  • Sony 50mm f1.4 Zeiss以外でも最初の1本としてオススメ出来る
  • 細部コントラストが優れ、もっとも愛すべきレンズ
  • 開放f/1.4で撮影した時、被写体は美しいボケの中に浮き上がり、細部コントラストの良さはイメージに更なるシャープネスを与える

 

Zeiss Otus 1.4/55

  • 最上級のレンズ
  • 爪先のようなフォーカスの中に最高の画質を確認出来る
  • このレンズの良さを表現出来る英語での表現が見当たらない
  • シャープネスはどのような絞りでも信じられない位であり、また、これまで見た他のどれよりも違う
  • レタッチャーが不必要あるいは簡単にそれがとても簡単になる画
  • 更なるピクセル数が更なる解像度をもたらす

 

Zeiss Milvus 1.4/50

  • これまでテストした50mmレンズの中で、あなたの心に最も訴えるレンズになる筈
  • 最も愛すべきなのは何かというと、このレンズから得られるボケ味
  • ツァイスのレンズでがっかりすることは無い
  • シャープネスも本当に驚くべきものである
  • 色の流れも見当たらず問題無い

 

SONY Planar t* 50mm F1.4 ZA SSM(SAL50F14Z)

  • このサイトのフォーラムの皆さんがこのレンズのファン
  • Sony Alpha Rumorは高価で手の出しにくい夢のレンズとコメントしている
  • α7Rでこのレンズを使った場合、カメラから出て来た全てのイメージに床にひれ伏すことになる
  • ほとんどのイメージはシャープで美しい
  • シャープで無い部分は、カラーの演出、ボケ、そして全体の見栄えに喜ぶことになる
  • 本当のツァイスらしさとアナログらしさ、意図せずとも演出される銀塩フィルムの中判フォーマットのような素晴らしいサチュレーション

 

レンズベビー Velvet 56

  • 外観は非常にトラディショナル
  • 誰がこのレンズに一番向いているのか?というと、ライフスタイルフォトグラファー、ウェディングフォトグラファー、また、ポートレート向けでも本当にファンシーなレンズとなる
  • 風景写真の方にとってはもっとシャープネスが欲しいだろう、ストリートフォトグラファーはもっと広角で被写界深度を求めるだろう、しかし、完全なデジタル時代のポップな新世代のフォトグラファーにはこのレンズの全てが欲しくなる筈

 

Zeiss Loxia 2/50

  • もし、あなたが一眼レフレンズのカラー表現のファンであるなら、素晴らしいニュース
  • ツァイスのLoxia F2は、もう1つの35mm F2より更にビビッドで、パンチがあり、豊富なカラー
  • ツァイスのモダンな光学設計の全てが詰まっている
  • Kodak Portraのようなスキントーンがなぜ再現出来るのを考えながら撮影する時には本当に愛すべきレンズとなる
  • 個人的にはOMF EM5とフォクトレンダーレンズでは経験しなかった本当の美を得ることができた

 

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

  • ポートレーター向きのレンズ
  • 標準よりほんの少し長い焦点距離が、自然なパースペクティブをもたらす
  • また、被写体との距離が少し長くなることが心地よい
  • このレンズはあなたを偉大なポートレートフォトグラファーにすることは無いが、あなたの仕事に最高の道具となる

 

フジノンレンズ XF56mmF1.2 R

  • 本当のことを言えば、このレンズに対しとても小さな不満がある
  • 通常、最新のレンズはシャープかつ見事なボケ味を保つが、それらの多くはコントラストを欠いている、富士をそれにを加えフィルムカラープロファイルのような正しい色を得ることが出来る
  • ポートレート用としてスペック的に作られたレンズの場合、スキントーンの表現にはそれほど高いコントラストは不要で、その他ではLightroomで調整することも可能
  • このレンズは、スキントーンの欠如を補正し、あらゆるタイプのスキントーンをもたらす
  • このレンズはシャープネスが優れているという特徴よりも、素晴らしいボケ、および、色収差をほとんど見ることができ無いという特徴の方がより際立っている
  • 35mm F1.4のようなレンズの方がこのレンズより更に素晴らしい色再現性を持っている

ということで、シグマ、ツァイス、ニコン、富士フィルム、など最新の50mmレンズ(フジはAPS-Cですが)はポートレートに向いた素晴らしいボケ味を持っているということですね。(レンズベイビーは別格?;;^^)

ただ、最新のレンズはいずれもちょっと高価なのが気になるところですが、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す