スポンサードリンク

フジフイルム X-T1+Capture One Pro 8フィルム現像プロファイルが無料ダウンロードできます

Pocket
LINEで送る

fuji-x-forum.comのメンバーであるfleckintosh氏が、CaptureOneでのX-T1用のフィルムシミュレーション現像用プロファイルを無料で公開しています。

Well, FXF member fleckintosh kindly shared film simulation profiles over at our Fuji X Forum here. You can download (for FREE) the .zip files and let us know at the dedicated FXF thread or here in the comments what you think about them.

Via : FREE Capture One Pro 8 Fujifilm Film Simulations to DOWNLOAD! | Fuji Rumors

XT1+CP8のユーザーというピンポイントになりますが、CP8のRAW現像にもフィルムシミュレーションが必要な方には朗報です。

また、CaptureOne8ユーザーであれば、とりあえずプロファイルをインストールすることで、他のカメラでも現像して見ることは可能です(あまり意味は無いかもしれませんが)

ダウンロードできるのは以下の7種類

  • クラシッククローム
  • PROVIA
  • ASTIA
  • Velvia
  • PRO Neg.Std
  • PRO Neg.Hi
  • モノクロ

一応ですが、私もCapture Oneユーザーですので、試しにインストールした手順をご報告いたします。(以下Macですので悪しからず)

手順

1.fuji-x-forum.comのアカウントを作成する。→http://www.fuji-x-forum.com/index.php?app=core&module=global&section=register

2.作成時登録したメールアドレスに認証リンクが送られ来るので、クリックするとメンバーとして認証完了

3.http://www.fuji-x-forum.com/にアクセスし登録したユーザー名でサインインする。

4.fleckintosh氏のスレッドに移動→http://www.fuji-x-forum.com/topic/1631-capture-one-pro-8-film-simulations/

5.スレッドの投稿の中に上記8種類のダウンロードリンクがあるので全てダウンロードする。

6.Zipファイルを解凍するとiccプロファイル(.icc)ファイルが出て来るので、テンポラリのフォルダに集めておく。

7.別Finderを開いて、Machintosh HD/ライブラリ/ColorSync/Profiles フォルダにアクセス

8.上記.iccファイルを全てコピー(システムフォルダなのでパスワード認証あり)

9.CaptureOne8を立ち上げる

10.カラー機能のプロファイルをプルダウンし、Fuji > XT1をプルダウンするとフィルムシミュレーションが追加されている

 

という具合ですので皆さんもお楽しみください!

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す