スポンサードリンク

キヤノンEOS 5Ds レビュー記事と作例(PHOTOYODOBASHI)

Pocket
LINEで送る

ヨドバシカメラのフォトレビューサイトPHOTO YODOBASHIに、待望のCANON EOS 5Dsのレビュー記事が掲載されました。
いつも素晴らしい作例ががアップされるのですが、説得力のあるサンプルイメージを見るとカメラとレンズの良さが本当に伝わって来ると思います。

ついに来ました、「EOS 5Ds」の実写レビューです!ベースとなっているのは3年前に発売された「EOS 5D Mark III」(有効画素数約2230万画素)。その後、他社からはさらに上回る高画素モデルがリリースされてきたこともあり、キヤノンからの新しいフルサイズ機の登場を心待ちにしていた方も多かったことでしょう。

Via : [PY] フォトヨドバシ Canon EOS 5Ds SHOOTING REPORT | photo.yodobashi.com |

レンズ

  • レビューで使われているレンズ
    • EF16-35mm F4L IS USM
    • EF24-70mm F2.8L II USM
    • EF70-300mm F4-5.6L IS USM
  • できれば最新のレンズで臨みたい
  • “Lレンズ”レベルの力がないと、センサーの解像度にレンズが追いつかないということにもなりかない

解像力

  • 気配を感じさせる画の仕上がりは情報量の”多さ”が成せること
  • ほんのわずかな手ブレさえも逃さない容赦の無い描き込み
  • 解像力が圧倒的に高く立体感をもたらしている
  • 解像度では近頃の中判デジタルカメラと肩を並べるレベル
    • 中判・大判の大型センサーがもたらす立体感(特に風景写真で感じられる)まではいかない

階調

  • 解像力に加え、確かな階調再現力が発揮される
  • 中間のトーン再現も見事
  • 画全体の見事な諧調再現

使い勝手

  • 操作性は「5D Mark III」からほぼ変わず、違和感無くすぐに使いこなせる
  • システム自体がコンパクトだというアドバンテージ
  • いざとなれば手持ちでもいけるというのはやはり凄い
  • 豊富なEFマウントのレンズ群から選択できる
  • ライブビューを16倍まで拡大できるのでシビアなフォーカシングには大変重宝する
  • RAW+JPEGでもたつくことなく瞬時に処理していた
  • ガッチリとした三脚の用意、しっかりとしたホールドが必要

まとめ

  • 実に痛快な解像力
  • プロフェッショナルなコマーシャル撮影にも十分に対応できる
  • 質感表現が求められる物撮りなどで活躍が大いに期待できる
  • プロユースにも十分対応できる解像度と使い勝手のよさが備わっている
  • パソコンでデータを開いたとき、新しい世界を目の当たりにする

5000万画素を活かすレンズ、そしてがっちりとした三脚の選択、そして撮影条件や設定を考えながら撮るということは、まさにウデや技術の差が出てくるカメラのようです。

私のようにテキトーに撮っている人には使う資格が無いかもしれませんねorz

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す