スポンサードリンク

RICOH Theta S 海外で発表!

Pocket
LINEで送る

PhotoRumorsによれば、RICOH THETA Sが正式発表され、カメラ量販店B&Hで予約が開始されているということです。

 

The new Ricoh Theta S 360 degree camera is now officially announced. Shipping will start on November 10th

Via : Ricoh Theta S 360 degree camera announced | Photo Rumors

発売は10月10日、B&Hでの予約価格は346.95ドル

Theata Sスペック及び特長

  • 360度全天球写真及び動画を記録
  • 1200万画素 1/2.3型センサー☓2 1440万画素相当(5376 x 2699 )の出力
    • ISO100-ISO1600
  • 開放f/2 ツインレンズシステム
    • ツインレンズシステムは個別の露出で記録される
  • 動画 Full HD 1080p 30 fps (16 Mbps)/ HD 720p15 (6 Mbps)
  • USBあるいはHDMI経由のライブストリーミング
  • オート/シャッタースピード優先/ISO優先モード
  • 静止画撮影時のシャッター速度は1/6400〜1分
  • ビデオモードでは最速シャッター速度は1/8000
  • ISO1600 &マニュアル露出は最大1分
  • Wi-Fi内蔵によりライブビュー及びコントロール可能、静止画及び動画の転送とオンライン共有が可能
  • 8GB内蔵メモリ
    • 約1600枚のフル解像度の静止画イメージ及び、1080pビデオ約65分の保存が保存可能
  • フォーカスレンジは3.9インチ〜無限遠
  • 内蔵8GBメモリには最長25分、あるいは、最大ファイルサイズ4GBの動画記録が可能
  • Theata360ウェブサイト及びFacebook、Twitter,Tumblr、及び Google MapsとYouTubeで共有可能
  • GoogleがサポートするOpen Spherical Camera APIを用いていることで、Gooleストリートマップに出力し閲覧することが可能
  • 内蔵リチウムイオンバッテリーで260枚の撮影が可能
  • USBケーブルによる充電

現行日本でも発売されているTheta m15は静止画及び動画共に解像度は1,920×960 動画は15fpsでビットレートは12Mbpsで、最大5分間の動画記録が可能ということですので、THETA Sでは静止画も動画も解像度が大きくアップしているということですね。

ということで、日本でも発表&発売されると良いですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す