スポンサードリンク

キヤノンEF35mm F1.4L II USM発表!新開発「BR光学素子」で画質が飛躍的に向上!

Pocket
LINEで送る

Canonがこれまで長い間噂になっていたEF35mm F1.4L II USMを発表しました!
BR光学素子による「BRレンズ」を採用し、画質が“飛躍的に”向上ということで、その自信が現れるニュースリリースとなっています。
価格は28万5,000円(税別)発売日は2015年10月中旬ということです。

ニュースリリース

キヤノンは、EOSシリーズ用の交換レンズとして大口径広角単焦点レンズ“EF35mm F1.4L II USM”を2015年10月中旬より発売します。

Via : キヤノン:新開発「BRレンズ」の採用により画質が飛躍的に向上 大口径単焦点レンズ“EF35mm F1.4L II USM”を発売

製品情報ページ

おもな特長

  • 青色(短い波長域)の光を大きく屈折させるBR光学素子による凹および凸のガラスレンズで挟み合わせた複合レンズ「BRレンズ」をを初めて採用、色のにじみ(色収差)を大幅に低減し
  • 独自開発の研削非球面レンズ1枚を含む2枚の非球面レンズおよびUDレンズ1枚を採用
  • 独自の特殊コーティング「SWC(Subwavelength Structure Coating)」採用
  • 高耐久性・耐振動衝撃性、防滴構造
  • レンズ最前面および最後面に水滴や油が付着しにくいフッ素コーティング

EF35mm F1.4L II USM 特長紹介スペシャルサイト

 

主な仕様

レンズ構成 11群 14枚
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.21倍
フィルター径 72mm
最大径×長さ φ80.4mm×105.5mm
質量 約760g

レンズ構成図

レンズ構成図を見ると、BR光学素子のみならず、殆どのエレメントがUDレンズ、又は、非球面レンズという凄い構成となっていますね。
“画質が飛躍的に向上”というのも頷けます。
EOS 5Dsの5000万画素時代に必要な新世代のレンズということだと思います。

こちらが、旧EF35mm F1.4L USMレンズ構成図

キヤノン香港プロモーションビデオ

各メディアのニュース記事

現行製品「EF35mm F1.4L USM」(1998年発売)の後継モデル。約17年ぶりのモデルチェンジとなり、晴れて「II」型に更新された。 35mm判のイメージサークルをカバー。EFマウントを採用し、引き続きEFレンズの高級ライン「Lレンズ」ラインナップの一角を担う。

Via : キヤノン、「EF35mm F1.4L」を約17年ぶりにモデルチェンジ – デジカメ Watch

EF35mm F1.4L II USMは、キヤノンEFマウントに対応した焦点距離35mmの大口径単焦点レンズ。「EF35mm F1.4L USM」の後継製品であり、17年ぶりのリニューアルとなる。絞り開放値はF1.4で自然なボケ味を提供する。最短撮影距離は28cmで、広角レンズでありながらクローズアップ撮影も可能だ。

Via : キヤノン、BR光学素子採用の「EF35mm F1.4 L II USM」 – 色収差を徹底軽減 | マイナビニュース

主な仕様は、レンズ構成が11群14枚、絞り羽根枚数が9枚、最小絞りが22、最短撮影距離が0.28m、最大撮影倍率が0.21倍、フィルター径が72mm。本体サイズは80.4(最大径)×105.5(長さ)mm。重量は約760g。 価格は285,000円(税別)。

Via : 価格.com – キヤノン、BRレンズで画質がアップした「EF35mm F1.4L USM」

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す