スポンサードリンク

ソニーα7R IIのシューティングリポート(PhotoYodobashi)

Pocket
LINEで送る

ヨドバシカメラのシューティングリポートサイトに、SONY α7Rのレビューが掲載されています。
Zeiss Loxia 50mmレンズや、ライカオールドレンズも使った素晴らしい作例も多数携帯されています。

α7 II、いわゆる「無印」に続いて発売になったSONY α7R IIのシューティングリポートをお届けします。

Via : [PY] フォトヨドバシ SONY α7R II 実写レビュー | photo.yodobashi.com |

  • SONY α8RIIに装着されたレンズ
    • ZEISS Loxia 2/50
    • SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
    • SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
    • Leitz Hektor 135mm f/4.5
  • ボディ
    • ボディはα7 IIと違いフルマグネシウム
    • ビューファインダーが倍率0.78倍とかなり見やすくなっている(α7Rは0.71倍)
  • 画質
    • 目の前にある情報は全部取り込む。きっちり解像しつつも、わざとらしさ、目が痛くなるような感じが無い。人間の目が見ているのと同じ感覚。
    • そこに何かある「気配」を捉える
    • 「ISO 102400」で「このぐらいには写るんだ?」と感心
    • ISO 5000はぜんぜん実用範囲内
  • 使用感・まとめ
    • 「画素数が多いことの弊害」なんてものはすっかり忘れて撮影にのめりこんでいる
    • 嘘偽り無く、非常によく出来たカメラ
    • あまりによく出来過ぎていて、少々拍子抜けするぐらい
    • α7/α7Rがから大した時間が経っていないのに、すでにここまで進化していることの凄さ
    • モノの価値というのはプライスタグに書かれた数字や、他の製品との比較だけで決まるものではない

α7RIIは50万円違い価格になりますが、4000万画素のフルサイズで、多くの素晴らしいレンズを堪能出来るカメラとして、その価値を感じる方も多いということですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す