スポンサードリンク

ソニーはフルサイズミラーレス機に更に注力する?(MR)

Pocket
LINEで送る

DPreviewの掲示板にソニー韓国のマネージャーJi-hoon氏がKoreatimesのインタビューに答えた内容が掲載されてたということです。

 

Sony Korea Manager Bae Ji-hoon got interviewed at Koreatimes and said:

Via : Sony says focus from now on is on Full Frame. Entry level APS-C market is slowing down. | Mirrorless Rumors

 

 

  • ソニーは将来的にフルサイズカメラに集中することになるだろう
  • 我々は、既存のフルサイズカメラユーザーはもとより、長い目で見た入門機及び中級機からフルサイズ機を目指してアップグレードするユーザーもターゲットにする
  • 我々は、フォトスタジオやウェディング写真等のプロ向け市場にも注力することを計画している
  • 一方で、エントリクラスのレンズ交換式カメラの市場は緩やかに縮退している
  • 我々は昨年、ミラーレスカメラ市場の59%シェアを獲得し、ここ5年のミラーレスカメラの販売台数のトップを獲得し続けているが、その一方でレンズ交換式カメラ全体のトップシェアを獲得したことは無い
  • よって我々の今年の目標はこの市場で初めてのリーダーになることである

という内容を受けたmirrorlessrumorsの予測は

  • 彼(韓国ソニーのマネージャー)は韓国市場だけのことを語っているとは思えない
  • もしソニーはAPS-C市場に再び注力することになれば、それは少し驚きとも言えるかもしれない
  • また、彼ら(ソニー)が。年初のロードマップにあったα6XXXを紹介していないこともこれで説明出来ることになる
  • ソニーはAPS-Cカメラをギブアップしたのかも?

mirrorlessrumorsの写真を見ると、このソニーのマネージャーの発言は、α7RIIの発表会の時のインタビューということでしょうか。

確かに、ソニーはフルサイズ機というより、α7シリーズに注力していることは確実に言えると思います。

10万円台のα7から40万円台のα7RIIまで、フルサイズ入門者から上級者の方まで確かに、満足するラインナップを構築しつつありますね。
また、レンズにしてもGレンズからBatis等ツァイスも含めて、既にフルサイズミラーレス用に注力していると言って過言では無いかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す