スポンサードリンク

キヤノンがフルサイズセンサーEFマウント多目的カメラ“ME20F-SH”発表!ISO400万!

Pocket
LINEで送る

キヤノンが、放送/業務用映像機器として、35mmフルサイズセンサーを搭載する、EFマウントカメラモジュール“ME20F-SH”を発表しました。
何と、ISO400万という超超高感度で撮影出来るということです。

ニュースリリース

新製品は、2013年にキヤノンが開発したフルHD動画撮影専用の35mmフルサイズCMOSセンサーを改良し、搭載した超高感度多目的カメラで、赤外線投光によるモノクロ撮影が一般的な低照度環境下でも、赤外線投光なしでノイズの少ないカラーのフルHD動画の撮影が可能です。これにより、肉眼では被写体の識別が困難な暗闇でも、自然災害の監視や野生動物の生態撮影など、防災・防犯から映像制作まで幅広い用途で、これまでは映し出すことが難しかった映像の撮影が可能です。

Via : キヤノン:キヤノン初の超高感度多目的カメラ“ME20F-SH”を発売 最大ゲイン時は最低被写体照度0.0005lux以下(ISO感度400万相当)を実現

製品情報ページ

スペック・特長

  • 35mmフルサイズCMOSセンサー
  • 有効画素数:約226万
  • 1080P/1080i/720P
  • 59.94P/59.94i/50.00P/50.00i/29.97P/25.00P/23.98P
  • EFレンズが使用可能
  • Canon Logガンマ、Wide DRガンマを搭載
  • 3G/HD-SDI端子・HDMI端子
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行き) 約102×116×113mm(突起部除く)
  • 質量 約1.1kg(本体のみ)
  • 価格 300万円(税別)
  • 発売日 2015年12月上旬

ちなみに、高感度に強いSONY α7Sの拡張上限がISO409600ですから、ME20F-SHはまさに、ケタ違いの高感度性能ということですね、、、、

このようなキヤノン様のCMOS高感度技術を活用して頂いて、次のEOS新機種、EOS-1D X MarkIIやEOS 5D Mark IV等でもあっと驚くような高感度撮影が可能になっていれば良いですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “キヤノンがフルサイズセンサーEFマウント多目的カメラ“ME20F-SH”発表!ISO400万!

コメントを残す