スポンサードリンク

オリンパス500mm F4の特許!東京オリンピックではキヤノニコに割って入る?(エンジニアの嗜み)

Pocket
LINEで送る

エンジニアの嗜み様がOLYMPUSのマイクロフォーサーズ用500mm F4.0レンズの特許解説記事を掲載されています。

オリンパスはM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PROを開発中ですが、300mm F4が成功を収めれば、その次には500mm F4が控えているのでしょうか

Via : Olympus 500mm F4 IS(4/3″)の特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

ニコンとキヤノンの超望遠となると焦点距離800mmのレンズとなると思いすが、
Nikon AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VRの場合質量が約4590gで長さ461mm、
そしてCanon EF800mm F5.6L IS USMも質量が4500gで長さ461mm
ということになります。

マイクロフォーサーズとして換算1000mmでも、これらより軽くコンパクトになるとすれば、プロの方にとっても機動力が大幅にアップしそうですね。

また先日、同じくエンジニアの嗜み様によるNikon 1用として換算1500mm以上のズームレンズ特許情報の記事をご紹介しました

2020年の東京オリンピックでは、マイクロフォーサーズや1インチなど小型センサーのカメラがキヤノンやニコンの白黒レンズ砲列に混じって活躍されているのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す