スポンサードリンク

キヤノンが手頃な超望遠レンズを開発中?600mmのズーム?(CR)

Pocket
LINEで送る

canonrumorsにCanonが開放値F4以下の超望遠レンズを開発しているという情報が来たということです

We’re told that Canon is developing a new supertelephoto lens that is slower than f/4.

Via : Canon Developing a New Slower Supertelephoto Lens [CR2]

  • まず考えられるのは、EF 400mm f/5.6Lのアップデートだが、今回の話題はそれ以外の新しいレンズについて言及したい
  • ソースからは正確な焦点距離、絞り開放値、またLレンズになるのかどうか等に関する情報は伝えられなかった
  • 唯一2016年のどこかでアナウンスされること、手頃な価格であること
  • この種のレンズは現状のキヤノンのラインナップには無いながら、タムロンとシグマは500mmと600mmのズームレンズで大きな成功を収めている

ということですので、タムロンやシグマのような600mmクラスの比較的低価格の望遠ズームレンズということになるのでしょうか?

確かにキヤノンの望遠Lレンズは400mm止まりですので、もう少し望遠側が長いズームレンズというのはユーザーも待ち望んでいるのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す