スポンサードリンク

シャボン玉ボケを生むメイヤーオプティック ゲルリッツ Trioplan 100mm f/2.8 夏に復活!

Pocket
LINEで送る

ドイツのレンズメーカーMeyer-Optik-Görlitzから、レジェンドレンズTrioplan f2.8/100レンズが復活発売されるという情報です。

Few months ago I reported about a new Trioplan 100mm f/2.8 lens from the German manufacturer Meyer Optik Görlitz that will be available for Nikon, Canon, Fuji X, Sony NEX and MFT mounts.

Via : Meyer Optik Goerlitz Trioplan 100mm f/2.8 lens coming soon | Photo Rumors

オリジナルのTrioplan f2.8/100レンズが発売されたのは1916年。
それから99年を経た2015年夏に、ほぼ同じ光学系、しかもMade in Germanyとして復活するということです。

公式サイトには現代のレンズではあり得ないまるでシャボン玉が浮かんでいるような超個性的なボケを強調する作例がアップされています

The Trioplan f2.8/100 lens from Meyer-Optik-Görlitz
The Trioplan f2.8/100 lens from Meyer-Optik-Görlitz

丸いボケを生み出す為にオリジナルと同じ15枚の金属製絞り羽を用いているということでこれも現代のレンズには無い構造ということですね。

The original Trioplan f2.8/100 lens from Meyer-Optik-Görlitz gained a fanatical following of photographers who fell in love with its dream-like soap bubble ‘bokeh’ effect.

Via : The Bokeh Effect | www.meyer-optik-goerlitz.de

The new TRIOPLAN will be presented for the first time at the Natur Photography Forum in Fuerstenfeldbruck, Germany from May 14th to 17th and soon after also in Great Britain. The lens will be available around October 2015 – shortly before its 100th birthday. The mounts will be Canon, Nikon as well as mirrorless cameras from Fuji X and Sony NEX as well as MFT.

Via : Trioplan f2,8/100 mm – Return of a Legend | www.meyer-optik-goerlitz.de

発売されるのはニコン、キヤノン、フジフイルムXマウント、ソニーEマウント、マイクロフォーサーズマウント。
多くの一眼カメラで使えるということですが、かつてのようにM42マウントもあれば、KマウントやシグマSAマウントでも使えそうなんですが、、、、

TRIOPLANは何と99年前のレンズ、それが奇跡の復活!ということで日本でも発売されると良いですね!!

ちなみに、私もMeyer-Optik Primotar 50mm f3.5持ってたの思い出しました(^^;→こちらと、こちら

Trioplan 100mm f/2.8 のような特長的なボケでは無く、極普通のオールドレンズですが、せっかくなのでM42マウントアダプター買ってα7IIで復活させて見ようと思います(^^;

Fotois.com Meyer-Optik Primotar 50mm f3.5(M42)
Fotois.com Meyer-Optik Primotar 50mm f3.5(M42)
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル