スポンサードリンク

キヤノンEF 50mm F1.8 STM 作例とレビュー記事(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatchに写真家の大浦タケシ氏による、Canon EF 50mm F1.8 STMレンズのレビューと、豊富な作例としてのサンプルイメージ掲載した記事が掲載されました。

新しい「EF50mm F1.8 STM」は、5群6枚のレンズ構成自体はこれまでと同じとするものの、そのほかの部分は大きく手が入り時代に即したものとなった。先代EF50mm F1.8 IIは25年もの長きに渡り製造され高い人気を誇ったレンズであるだけに、EF50mm F1.8 STMの描写や操作感など期待するEOSユーザーも少なくないことだろう。

Via : 交換レンズレビュー:EF50mm F1.8 STM – デジカメ Watch

このレンズに興味があるEOSユーザーの方は多く、初の本格的なサンプルイメージが見れることで注目の記事ですね!

デザインと操作性

  • 先代にくらべ質感はぐっと増す
  • 距離指標など初代のつくりのよさには及ばない
  • フォーカスリングにラバーが巻かれ、AF駆動時に回転せず、操作感も向上
  • 金属製マウントとなったことは喜ばしい
  • 専用設計のフード(ES-68)になったのは特筆すべき部分
  • 製造国はマレーシア

AF

  • AF作動中にわずかにモーター音が聞こえてくる
  • 動画撮影で音を拾ってしまうこともなさそう
  • 合焦はよりも速くスムース
  • 最短撮影距離が短くなったことで重宝するはず

描写

  • 絞り開放でコントラストは十分、解像感は全体的に緩い
  • F2.8以上で画面中央部の解像感は増す、不足を感じない程度のキレ
  • 画面周辺部は絞りF4あたりまで甘さが残る
  • 周辺減光は強めだが、絞りF4でほぼ解消
  • 回折現象はF11あたりから
  • F5.6で解像感およびコントラストが増し、しまった描写
  • 弱い樽型のディストーション
  • 派手なゴースト・フレアの発生は見受けられない

ボケ味

  • ボケ味は先代モデル以上
  • 後ボケのみならず、前ボケも強いクセがない

まとめ

  • 先代の倍ほどの価格になったがその仕上がりから万人が納得する
  • フルサイズ機なら使い勝手のよい標準レンズ、APS-C機なら中望遠レンズとして、これまで以上に活躍してくれそう

ということで、Canon EF 50mm F1.8 STMは、初心者からベテランまで、ミラーレス、APS-C、フルサイズ機の全てのEOSユーザーがまずは所有しておいて損が無いレンズということですね。

キヤノン EF50mm F1.8 STM 《5月下旬発売予定》

キヤノン EF50mm F1.8 STM 《5月下旬発売予定》
価格:16,090円(税込、送料込)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “キヤノンEF 50mm F1.8 STM 作例とレビュー記事(デジカメWatch)

コメントを残す