スポンサードリンク

キヤノンEOS-1DX Mark IIはこれまでに無いダイナミックレンジ性能となる(CR)

Pocket
LINEで送る

canonrumorsに、最近噂が出始めたCanon EOS-1Dx Mark IIに搭載されるイメージセンサーの情報が掲載されました

Beyond the increased ISO capabilities of the EOS-1D X Mark II, we’re told that dynamic range is going to see a massive improvement, and possibly have the most stops of any DSLR currently on the market.

Via : EOS-1D X Mark II Dynamic Range [CR2]

  • EOS-1Dx Mark IIに関して、ISO感度の拡大という話題の後に、ダイナミックレンジの大幅な進化についての話題を提供したい
  • 現在市場にでているあらゆる一眼レフカメラより大幅に改善される可能性がある
    • これまで新型センサーを出す度にダイナミックレンジについてはリーダーとなっていたようにソニーもそうする可能性もある
  • DIGIC6プロセッサーが2013年に発表されたことから、EOS-1D Mark IIにはDIGIC7画像処理プロセッサーが搭載さることになると予測する
    • ちなみに現行EOS-1D XはデュアルDIGIC 5+プロセッサーが搭載されている

3600万画素のD810、5060万画素のEOS 5Ds、そして、5900万画素という噂があるα7rIIの方が画素数競争が、
そしてプロ向けカメラのセンサーの高感度競争の次は、ダイナミックレンジ競争が始まりそうということですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す