スポンサードリンク

ライカMモノクローム(TYP246)正式発表! 最高品質のモノクロ写真を実現

Pocket
LINEで送る

事前の情報通り、Leica M Monochrome Typ246が正式発表され、早速日本のライカ公式ウェブページにも製品情報が掲載されています

予測通り、2400万画素CMOSモノクロ専用センサー搭載により、ライブビュー及び動画撮影も可能。
2015年5月下旬発売予定ということです。

Leica M Monochrome Typ 246製品情報ページ

Leica M Monochrome Typ 246の特長

  • 有効2400万画素の新開発モノクロ撮影専用フルサイズCMOSセンサーを搭載
    • ローパスフィルター及びカラーフィルターを非搭載
  • ライブビュー機能を搭載
  • 新開発画像処理エンジン「LEICA MAESTRO(ライカ・マエストロ)搭載
    • バッファメモリーの容量が2GBに増加
    • 最大ISO 25000の高感度
    • レビューモードでは撮影画像もほぼ瞬時にカメラのモニターに表示
    • JPEGファイルをわずか2秒で生成
    • DNG形式ファイルのRAW画像を保存することも可能
  • 1080pのフルハイビジョン動画撮影機能を搭載
    • Motion JPEG形式で記録
  • フルメタル外装
    • ボディは高強度のマグネシウム合金のフルメタル
    • トップカバーとベースプレートは無垢の真鍮の削り出しパーツ
  • 3.0型の高精細な92万ドットの液晶モニタ
    • 液晶モニターのカバーガラスは、高品質のサファイアガラスを採用
  • カラーフィルター(黄、緑、オレンジの3色)が付属
  • Adobe® Photoshop® Lightroom®が付属

ライカ公式サンプルイメージ

2400万画素の、ローパスレス、カラーフィルタレスというセンサーでモノクロ撮影に特化したM Monochromeセンサーがおりなす素晴らしいモノクロ写真は圧巻ですね。

勿論ライツレンズがあってこそのこの描写だと思いますので、このボディとレンズを購入出来る方が羨ましいです!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す