スポンサードリンク

ライカ新Monochrom機の発表資料が直前リーク?2400万画素CMOSセンサーの記述(LR)

Pocket
LINEで送る

leicarumorsにライカMモノクローム機の発表資料らしきリークイメージ?が掲載されました。

但し、このイメージはインターネット上に流れていたもので本物かどうかは不明ということですが、leicarumorsはこれまでも噂になっている“Leica M Monochrom Typ 246”カメラであると予測しています。

I think we can be pretty sure that the upcoming Leica M Monochrom Typ 246 camera will have a 24MP CMOS sensor

Via : The upcoming Leica M Monochrom Typ 246 camera to have a new 24MP CMOS sensor? | Leica News & Rumors

資料を見ると2400万画素フルサイズセンサーという記述が読み取れますが、leicarumorsはそれがCMOSセンサーであると予測しています。
これまでのMモノクロームは1800万画素のCCDセンサーが搭載されていますので、センサー的には大きな進化ということになりますね。

もちろん、モノクロ機ですからそのCOMSセンサーもカラーフィルターが搭載されていないと思います。
その上で新型M Typ240のようにCMOSによってライブビューや、外付けEVFの対応、更には動画撮影も可能になるのでしょうか?

CCDセンサーのファンの方もいらっしゃるとは思いますが、Mモノクローム機も今までより高画素と高感度化が実現すると思われますので、更なる魅力あるカメラになりそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す