スポンサードリンク

フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR 発表「世界初 最短15cm接写のAPS-C大口径広角レンズ」

Pocket
LINEで送る

富士フイルムがXシリーズプレミアムミラーレスカメラ用の広角大口径レンズ「F XF16mmF1.4 R WR」を発表しました!

発売日は5月21日ということです

富士フイルムプレスリリース

プレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズラインアップとして、広角24mmの焦点距離、開放F値1.4の性能を備えながら世界で初めて15cmまでの接写ができる大口径単焦点レンズ「フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR」(以下、「XF16mmF1.4 R WR」)を、平成27年5月21日より発売します。

Via : 世界初 広角24mm・開放F値1.4の性能で最短15cmまでの接写が可能な大口径単焦点レンズ「フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR」 撮りたい被写体をクローズアップしながら背景も大きく取り入れた写真表現が楽しめる! 新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

主な特長

  • 開放から高い解像感
    • デジタル補正ではなく光学系で歪曲収差を抑制するため、画面の隅々まで高解像な画像が得られる
    • レンズ全面に独自の「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」コーティングを採用
    • 独自開発のナノGI(Gradient Index)コーティング技術も使用
  • 最短撮影距離15cm
    • 「フローティングフォーカスシステム」を採用したことにより、最短撮影距離15cmでの接写時でも、各種収差を補正し、高い描写性能を実現
  • 最速0.11秒の高速AF
    • 高速AFを実現するリアフォーカス方式を採用
    • 駆動力が大きいDCコアレスモーター採用
  • 距離指標が刻印されたフォーカスリング
    • 指標を目安にマニュアルでピントを合わせる撮影スタイルに適している
  • 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造
    • 8か所のシーリング
  • 約375gの軽量さとコンパクトサイズ
    • 同等の焦点距離とF値を持つフルサイズセンサー用レンズと比べ、約40%も軽量

主な仕様

型番 XF16mmF1.4 R WR
レンズ構成 11群13枚
(非球面レンズ2枚、異常分散レンズ2枚)
焦点距離 f=16mm (35mm判換算:24mm相当)
画角 83.2°
最大口径比(開放絞り) F1.4
最小絞り F16
絞り形式
  • 9枚(円形絞り)
  • 1/3ステップ (全22段)
撮影距離範囲 15cm -∞
最大撮影倍率 0.21倍
外形寸法:最大径×長さ(約)
※先端よりマウント基準面まで
ø73.4mm x 73.0mm
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
375g
フィルターサイズ ø67mm
略称 F XF16mmF1.4 R WR

 

XF16mmF1.4 R WR公式サンプルイメージ

シグマがフルサイズ用で24mm F1.4レンズを発売し大好評ということで、広角24mm大口径レンズが盛り上がっている中、富士フイルムが直ぐにそれに応えるカタチで出して来たのも、マニア〜プロ向けのシステムカメラに対する(開発期間を考えると)先見の明は素晴らしいと思います。

大口径とは言えX-T1との大きさやデザインのバランスも最高で、付けて、触って、撮ってみたくなるレンズですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す