スポンサードリンク

ニコンDX用35mm F1.0レンズの特許は擬似フルサイズミラーレス用?(エンジニアの嗜み)

Pocket
LINEで送る

エンジニアの嗜み様に、Nikon 35mm F1.0の特許解説記事が掲載されています。

APS-Cの撮像素子を搭載したFマウントのデジタル一眼レフ。 ミラー周りを外してこの縮小光学系を組み込み、EVFを搭載すれば、Fマウントの擬似フルサイズ一眼レフとなります。

Via : Nikon 35mm F1.0の特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

解説を読むと、この特許を応用することでMetabones SpeedBoosterなどで話題になった縮小光学系を内蔵したFマウントDXフォーマットミラーレスカメラの可能性もある?ということですね。

私個人的には、ニコンがDXフォーマットのミラーレスカメラを準備するとすれば、この特許のような縮小光学系のマウントアダプターも準備している可能性もアリということにしたいです。

もし、一眼レフカメラメーカーが、自社一眼レフマウントで、光学性能とAFを高度で満足する縮小光学系アダプタを提供するようになれば、かなり魅力的ですがいかがでしょうか?(Metabonesが出た時もそういう話題もありましたが)

ただ、メタボーンズのスピードブースター、それなりに高価です。純正もそうなってはあまり意味が無いかもしれませんが。。。。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す