スポンサードリンク

シグマSPP6.2.1とdp1 Quattro、dp2 Quattroの新ファームウェアを公開

Pocket
LINEで送る

SIGMAがFOVEONセンサーを搭載するカメラのRAW現像ソフトSIGMA Photo Proの最新倍6.2.1を公開しました。
まだ、同時にdp1 Quattroとdp2 Quattroの新ファームウェアも公開しています。

本日より、SIGMA dp QuattroシリーズのRAWデータ(X3Fファイル)及び、全てのSIGMAデジタルカメラのRAWデータ(X3Fファイル)に対応した最新の専用RAW現像ソフトウェア「SIGMA Photo Pro 6.2.1 Windows版」及び「SIGMA Photo Pro 6.2.1 Macintosh版」のダウンロードサービスを開始いたしましたのでご案内申し上げます。

Via : 最新版SIGMA Photo Pro 6.2.1ダウンロード開始のお知らせ|株式会社シグマ

Sigma Photo Pro
Sigma Photo Pro

SIGMA Photo Pro 6.2.1 の主な変更点

  • Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)の現像処理を見直し、解像感を向上させました。
  • Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)のアスペクト比(縦横比)に7:6を追加しました。

今回も解像度の向上という変更が行われましたので、更にクリアなイメージが現像出来ることになりそうで、早速ダウンロードしました。

で、先月末撮影したデータを現像してみましたが、なんとなくX3 Fill Light処理が自然になり、処理スピードもアップしている、、、かな?(^^;
早速sigmaniax.comの方にアップしてみました。

dp1とdp2 Quattroの新ファームも発表

この度、SIGMA dp1 Quattro、SIGMA dp2 Quattroのファームウェアダウンロードサービスを開始致しましたので、ご案内申し上げます。

Via : SIGMA dp1 Quattro、SIGMA dp2 Quattroファームウェアダウンロードサービス開始のお知らせ|株式会社シグマ

SIGMA dp1 Quattro(Ver.1.02)

  • Exif 情報に「撮影者」と「著作権者」の情報を記録する機能を追加
  • 画像のアスペクト比(縦横比)に7:6の設定を追加
  • 3:2以外のアスペクト比で、周辺フレームの表示を黒か半透明の選択機能を追加
  • インターバルタイマー撮影において、最短の撮影間隔を4秒~8秒の間で選択できるように
  • JPEG画質の設定に「S-LO」を追加
  • AFリミットモードの範囲をポートレート:約0.33m~∞、風景・スナップ:約0.5m~∞に変更

SIGMA dp2 Quattro(Ver.1.05)

  • Exif 情報に「撮影者」と「著作権者」の情報を記録する機能を追加
  • 画像のアスペクト比(縦横比)に7:6の設定を追加
  • 3:2以外のアスペクト比で、周辺フレームの表示を黒か半透明の選択機能を追加
  • インターバルタイマー撮影において、最短の撮影間隔を4秒~8秒の間で選択できるように
  • JPEG画質の設定に「S-LO」を追加

7×6の画角が面白そうですので、早速私もダウンロードし適用してみたいと思います!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す