スポンサードリンク

オリンパスOM-D E-M5 MarkIIには世界初の画期的なフローティングシャッター搭載(社員 AMYのOLYMPUS カメラブログ)

Pocket
LINEで送る

オリンパス公式のブログ「社員 AMYのOLYMPUS カメラブログ」に、OM-D E-M5 Mark IIが採用した世界初のフローティングシャッター機構が採用されているという記事がアップされました。

フローティングシャッターとは、シャッターが浮いた状態になっているわけですが、シャッターのショックがボディに伝わりづらい構造なのです。シャッターレリーズ時により静かで振動が小さくなることを目指しています。

Via : 社員 AMYのOLYMPUS カメラブログ|ナビゲーターズ写真ブログ|FotoPus|オリンパス

この件、田中希美男先生が、何故オリンパスはこの機構をアピールしないのか?という指摘をブログ及びTwitterでされています。

さて、E-M5 MarkIIのシャッターにはこれ以外に、そう、もう1つ注目すべき”大胆な”機構が組み込まれている。    ところがそれについては広報資料でもカタログでも、完全無視している。ひと言も説明がない。  フォーカルプレーン式のシャッターユニットが、ばねを使ったダンパー式衝撃吸収構造になっていることである。カメラではおそらく世界初、世界唯一の方式だろう。

Via : Photo of the Day E-M5 MarkIIのシャッターについて

オリンパスはセンサーの方はマグネットとコイルによるフローティング機構が採用されていますので、OM-D E-M5 MarkIIは、センサーとシャッター両方がフローティング状態ということですね。。。。

確かに、世界唯一の凄い技術を投入しながら、カタログにも掲載していないというのも、技術やメカ好きのカメラマニアの方にとってはちょっと残念かもしれませんね。

そしてそれを女子カメっぽいAMYさんのブログで紹介するのも、面白いですが;;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す