スポンサードリンク

Carl Zeiss Otus 1.4/85 ZF.2レビュー記事(PhotoYodobashi)

Pocket
LINEで送る

ヨドバシカメラのフォトレビューサイトPhotoYodobashiで、Carl Zeiss Otus 1.4/85 ZF.2の素晴らしい作例でのサンプルイメージとレビュー記事が掲載されています。

カメラはNikon D4Sということです。

描写

  • 群を抜くシャープネス。ヌケの素晴らしさ。クラクラする
  • 開放でしか使ってはいけない、そんな風に思わされるピントのキレ、シャープさ。
  • 後ろボケも見事
  • 被写体をそっくり持ち帰ってきたかのような描写
  • これ以上無い解像力。そして硬くない。緻密に解像していく印象
  • まったく色滲みも感じられない。実に美しい描写
  • 像面の平坦性は流石
  • とても繊細に線を結ぶレンズ

使い勝手

  • ピントピークが掴みやすいレンズ
  • 10Mや20Mの距離でピントを置いた場所が「ハッキリ分かる」
    • それだけにファインダーのデキは本当に素晴らしいニコンのカメラで、正直ピントが追えない
  • ボケで画面整理ができてしまう
  • 開放から実にシャープで、絞る必要はあまり感じない
  • 周辺光量は若干落ちる。絞ればすっきり解消

Otus 1.4/55との比較

  • さらに優等生といった印象
  • 解像力やシャープネスなど肩を並べる
  • Otus 1.4/85のほうが少し柔らかさを感じる
  • Otus 1.4/55のほうが半ばエッヂーに感じる

まとめ

  • 淀みなく、誇張無く、リアルにひたすら写し込んでくる
  • 現代に求められる水準をオーバークオリティでまたも超越してきた、キングオブキングス

その作例があまりにも素晴らしいので、レビュー文を読まずとも、このレンズの圧倒的な描写性能を感じ取ることが出来ますね!

35mm判一眼レフカメラで選べる現在最高のレンズも1本ということは間違い無いということで、是非1度は試してみたいものです、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す