スポンサードリンク

「ニコン D810A」発表!Hα線対応。宇宙の赤い神秘を、鮮やかに写し出す。

Pocket
LINEで送る

Nikon D810をベースにし赤外線カットの光学フィルターを見直した天体撮影専用の一眼レフカメラ「ニコン D810A」が発表されました

本格的な天体撮影専用※1のニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D810A」を発売します。

Via : Nikon | ニュース | 報道資料:ニコン初、天体撮影専用の超高精細モデル デジタル一眼レフカメラ「ニコン D810A」を発売

D810A製品情報ページ

D810Aの主な特長

  • 天体撮影仕様の光学フィルターを搭載しHα線の透過率を「D810」比で約4倍にまで引き上げ
  • 最長900秒まで対応する長時間露光マニュアルモード「M*」
    • 4秒、5秒、8秒、10秒、15秒、20秒、30秒、60秒、120秒、180秒、240秒、300秒、600秒、900秒のシャッタースピード設定と、バルブ、タイムの設定が可能
    • 4秒以上の長秒シャッタースピード設定時に、メモリーカードの容量やバッテリー残量の許す限り撮影を継続するコマ数無制限の連続撮影機能
    • 総露出時間の算出が容易にでき、特に比較明合成を行う場合に便利
  • 夜間撮影に考慮したファインダー内表示
    • シャッタースピードや絞りなど撮影に必要な情報をファインダー内に表示
    • 水準器の表示設定時は常時赤く点灯させる
  • ライブビュー
    • シャッタースピードを30秒に設定したとき相当のプレビューを表示できる
    • 「D810」同様、最大約23倍の拡大表示で厳密なピント確認が可能
  • ブレを極力抑えたい天体撮影、特に月面の撮影に極めて有効な電子先幕シャッター
  • Li-ionリチャージャブルバッテリー「EN-EL15」を付属

キヤノンEOS 60Daが1800万画素ですので、約2倍弱の高精細な星空が撮影出来るということで、これは専門家の方にとっては一択のカメラとなりそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す