スポンサードリンク

キヤノンエントリ一眼レフ“EOS Kiss X8i”と“EOS 8000D”発表

Pocket
LINEで送る

キヤノンがエントリ一眼レフカメラ2機種を発表しました。
EOS Kiss X8iはX7iの後継機のようですが、EOS 8000Dは、EOS 70DとKissシリーズの間を埋める入門機ということです。

発売は2015年4月下旬ということですが勿論CP+でも展示されると思いますので楽しみですね!

キヤノンのニュースリリース

キヤノンは、ファミリー向けエントリーモデル“EOS Kiss X8i”と、より本格志向の強いユーザーに向けたプレミアムエントリーモデル“EOS 8000D”の2機種を4月下旬より順次発売します

Via : キヤノン:EOSエントリークラスのデジタル一眼レフカメラにおいて最高画素の高画質を実現 Wi-Fi・NFC対応の“EOS Kiss X8i”と“EOS 8000D”を発売

“EOS Kiss X8i”と“EOS 8000D”の共通特長

  • 約2,420万画素 CMOSセンサー
  • 映像エンジンDIGIC 6
  • オールクロス19点AFセンサー
  • ハイブリッドCMOS AF III
    • 「ハイブリッドCMOS AF II」の「EOS Kiss X7」と比べて最大で約4.8倍にAFが高速化
  • 連写約5コマ/秒
  • Wi-Fi・NFC搭載
    • “Connect Station CS100”との接続も可能
  • バリアングル液晶モニターやタッチシャッター

“EOS 8000D”の特長

  • サブ電子ダイヤルおよびボディー上部の液晶パネルを搭載

EOS Kiss X8i製品情報ページ

EOS Kiss X8i公式サンプルイメージ

EOS 8000D 製品情報ページ

EOS 8000D 公式サンプルイメージ

各メディアの記事

キヤノンがデジタル一眼レフカメラの売れ筋である入門者向けモデルを一新し、シリーズの8代目となる「EOS Kiss X8i」を発表した。注目したいのが、一部の装備を強化した兄弟モデル「EOS 8000D」を新ラインアップとして追加したこと。上位のEOSシリーズで定評のある装備を追加ししつつ、製品名からKissの名称を取り去ることで“Kissの名称が付かないキスデジ”に仕上げ、従来機種からのステップアップを図りたい男性層の獲得を狙う。

Via : 【CP+】キヤノン、“Kiss”の名が付かない一眼レフ入門機「EOS 8000D」発表 日経トレンディネット

キヤノンは、エントリークラスの一眼レフカメラ2製品を4月下旬に発売する。EOS Kissシリーズの最新モデル「EOS Kiss X8i」と、ワンランク上の操作性を狙った新カテゴリーモデル「EOS 8000D」だ。

Via : キヤノンから2つのエントリーEOS「8000D」「Kiss X8i」 – デジカメ Watch

キヤノンは2月6日、デジタルカメラ新製品を発表した。エントリークラスの一眼レフカメラは、EOS Kiss X7iの後継モデルで、30~40代ファミリー層をターゲットにした「Kiss X8i」と、30歳以上の男性をターゲットにしたプレミアムエントリーモデル「8000D」がラインアップする。いずれも4月に発売予定だ。

Via : 一眼レフEOSに新エントリーモデルも–キヤノン、2420万画素「Kiss X8i」「8000D」 – CNET Japan

EOS Kiss X8iはファミリー層をターゲットとした“スタンダードエントリー”、EOS 8000Dは30代以上の男性をターゲットとした“プレミアムエントリー”という位置づけ。外観や操作系に違いがあるほか、一部の機能も8000Dのほうが多く搭載されている。

Via : ASCII.jp:キヤノンのエントリー一眼が2台に! 「Kiss 8i」「EOS 8000D」

コンパクトなサイズと軽快さで人気の一眼レフ、キヤノン EOS Kissシリーズ。2月6日、その最新機種「EOS Kiss X8i」が発表された。と同時に、EOS Kissシリーズとミドルクラス機の間を埋める「プレミアムエントリー」一眼レフとして「EOS 8000D」も登場! はて、この2機種ってどう違うの? 早くもそんな疑問をお持ちの読者諸兄に、最速の比較レポートをお届けしよう!

Via : 【レビュー】ここが違う! 「EOS Kiss X8i」と「EOS 8000D」 – 40点の写真で徹底比較 (1) 【外観】大きさは同じでもインターフェースは大きく異なる | マイナビニュース

OS Kiss X8iは有効約2,420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載。EOS Kiss X4以来、5年ぶりにCMOSセンサーの画素数を更新した。 エンジンは「DIGIC 6」で、感度はISO100~12800(拡張で25600)まで対応する。

Via : キヤノン、2,420万画素の「EOS Kiss X8i」 – 色検知AFで人物にピントぴたり – 夕刊アメーバニュース

EOS Kiss X8iは有効約2,420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載。EOS Kiss X4以来、5年ぶりにCMOSセンサーの画素数を更新した。 エンジンは「DIGIC 6」で、感度はISO100~12800(拡張で25600)まで対応する。

Via : キヤノン、2,420万画素の「EOS Kiss X8i」 – 色検知AFで人物にピントぴたり | マイナビニュース

「EOS 8000D」は、同日発表された「EOS Kiss X8i」の上位機種にあたる製品。中級機に迫るエントリー機といった位置付けの新しいラインナップだ。有効約2,420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサー、画像処理エンジン「DIGIC 6」といった基本性能に関わる根幹部分はEOS Kiss X8iと同じものを搭載。その一方で、上面の液晶パネル、右肩の撮影モードダイヤル、背面のサブ電子ダイヤルなど、操作系は中級機EOS 70Dに近い設計を採用している。

Via : キヤノン、EOS Kissよりワンランク上の新一眼レフ「EOS 8000D」 | マイナビニュース

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラのエントリーモデルとして、「EOS Kiss X8i」「EOS 8000D」の2機種を発表。ボディ単体、EF-S18-135 IS STM レンズキット、ダブルズームキットをラインアップし、4月下旬より発売する。

Via : 価格.com – キヤノン、2420万画素のエントリー一眼レフ「Kiss X8i」「8000D」

本日発表された「EOS Kiss X8i」と恐ろしく似ているんです。ぱっと見、見分けがつかないくらい。そこで、どちらを買おうか悩まれている方のために簡単に比較してみましょう

Via : キヤノンの新EOS「8000D」と「Kiss X8i」ってどう違うの? : ギズモード・ジャパン

コンパクトなサイズと軽快さで人気の一眼レフ、キヤノン EOS Kissシリーズ。2月6日、その最新機種「EOS Kiss X8i」が発表された。と同時に、EOS Kissシリーズとミドルクラス機の間を埋める「プレミアムエントリー」一眼レフとして「EOS 8000D」も登場! はて、この2機種ってどう違うの? 早くもそんな疑問をお持ちの読者諸兄に、最速の比較レポートをお届けしよう!

Via : ここが違う! 「EOS Kiss X8i」と「EOS 8000D」 – 40点の写真で徹底比較 – BIGLOBEニュース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “キヤノンエントリ一眼レフ“EOS Kiss X8i”と“EOS 8000D”発表

  • 2015年4月21日 at 11:06 AM
    Permalink

    はじめまして。
    kiss8Xiは9Xiと進化は続きますがEOS8000DはX7と同じ今回の限りの1モデル
    で終わるスペシャルモデルだと思います。EOS3桁を名乗ると9000Dあるいは10000D?

    デジ一眼はいままでデジタルの画質が信じられなくて持ってませんでした。
    フイルム一眼はEOSRTを持ってます。
    今回EOS8000Dか、G3Xか検討中です。

    Reply
    • 2015年4月21日 at 1:12 PM
      Permalink

      コメントありがとうございます。
      ご指摘の通り、X8iが主流だとすれば都度の市場状況に合わせてX70,X7、8000Dなど副次的なラインナップを揃えることが出来る底力を感じますね。

      また。これまでに無いユーザーを開拓する8000DやG3Xは上級者の方にも、魅力的なカメラということですね。

      Reply

コメントを残す