スポンサードリンク

オリンパスがオープンプラットフォームカメラ「OLYMPUS AIR A01」発表

Pocket
LINEで送る

オリンパスがスマホと連携するマイクロフォーサーズマウントだけカメラ AIR A01を発表しました。

AIR A01 製品情報ページ

 

AIR A01の特長

  • オンラインショップ限定で3月6日より発売
    • 直販価格は、ボディ単体が36,504円、レンズキットが53,784円。
  • 有効1605万画素の4/3型LiveMOSセンサー
  • マイクロフォーサーズマウント
  • 「TruePicVII」
  • 「FAST AF」
  • BluetoohとWi-Fiで通信
  • 8種類のスマートフォン用アプリを準備
    • 1回の撮影で6パターンの写真が楽しめる「OA.Genius」
    • 写真を印象的に仕上げる「OA.ArtFilter」
    • 色の明るさなどをコントロールできる「OA.ColorCreator」
    • フォトストーリーが使える「OA.PhotoStory」
  • 「OPC Hack & Make Project」
    • SDKや3DデータをWebサイト上で公開
  • 記録メディアはmicroSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード(UHS-I対応)
  • 撮影可能枚数が約320枚
  • 本体サイズは56.9(幅)×57.1(高さ)×43.6(奥行)mm
  • 重量は約147g(バッテリーおよびメモリーカード含む)

オリンパスもレンズスタイルカメラに参入ということで、これもCP+の話題になりそうですね!!

各メディアの記事

 

オリンパスイメージングは、「OLYMPUS AIR A01」を2015年春に発売する。スマートフォンアプリからの操作を前提としたレンズ交換式デジタルカメラ。

Via : スマホ連携レンズ交換カメラ「OLYMPUS AIR A01」 – デジカメ Watch

オリンパスイメージングが、新趣向のレンズ型カメラ「OLYMPUS AIR A01」を発表した。同社のミラーレス一眼と同じ4/3型の大型撮像素子とマイクロフォーサーズマウントを採用しつつ、液晶モニターや操作ボタン類を省くことで、円筒形の小型軽量ボディーに仕上げた。一見するとソニーの「QX」シリーズと似ているが、本体やアプリ開発の仕様を広く公開するのが注目ポイント。

Via : 【CP+】オリンパスがレンズ型カメラ「OLYMPUS AIR」、アプリや機器をユーザーが作成 日経トレンディネット

「AIR A01」はレンズの鏡胴のような本体にマイクロフォーサーズ規格のレンズを装着し、スマートフォンから操作して撮影するカメラだ。

Via : オリンパス、スマホと楽しむレンズ交換式小型カメラ「OLYMPUS AIR A01」 | マイナビニュース

AIR A01とスマートフォンは、Wi-FiもしくはBluetoothで接続する。AIR A01と連携するために同社が用意するスマートフォンアプリは8種類。

Via : オリンパス、スマホと楽しむレンズ交換式小型カメラ「OLYMPUS AIR A01」 – エキサイトニュース

オリンパスイメージングは、スマートフォンと連動して撮影できるオープンプラットフォームカメラ「OLYMPUS AIR A01」を発表。ラインアップは、ボディ単体、ボディ単体と「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」をセットにしたレンズキットという2種類で、ホワイト、ブラックの2色を用意。同社オンラインショップ限定で3月6日より発売する。

Via : 価格.com – オリンパス、スマホと連携するレンズ型カメラ「OLYMPUS AIR A01」

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “オリンパスがオープンプラットフォームカメラ「OLYMPUS AIR A01」発表

コメントを残す