スポンサードリンク

(追記あり)シグマ 24-105mm F4 DG OS HSMは既にディスコンになっている?(CRの記事は誤り?)

Pocket
LINEで送る

canonrumorsがSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMが既に生産されていないという情報をポストしています。

We’re now told that the lens is in fact discontinued and production has been halted forever.

Via : Sigma 24-105 f/4 DG OS Discontinued « Canon Rumors

  • 昨年Canonrumoresは、シグマ24-105mm F4 DG OSレンズの生産が休止しているという情報を流した
  • 現時点で既に生産終了となっている可能性について言及したい
  • ディスコンになっている理由は解らないがキヤノンの24-105の市場は既にキットレンズ(EF24-105mm F4L)によって完全飽和していると考えられ、シグマがそれより更に良い光学性能を訴求出来なかったからでは無いかと予測出来る

勿論、日本のシグマ公式サイトでは24-105mm F4 DG OS HSMは現行商品としてラインナップされています

確かに、EF24-105 F4L IS USMレンズは単体では10万円を超える価格となりますが、キットレンズで供給される場合は、差額7万円ほどになる場合があります。
よって、優れた光学性を訴求するSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMであっても、流石にLレンズとこの価格での勝負は難しいのかもしれませんね。

ちなみに、DxOのテスト結果で性能面から見るとこのレンズはキヤノンの24-105 F4Lを上回っているようです。

【追記】
シグマの山木社長がTwtterで「えつ!?」とつぶやかれました
ということは24-105mm F4 DG OS HSMがディスコンということは無いということですね!

sigma-rumorsもCanonRumoersの記事を否定しています

A couple of weeks ago, a Sigma rep told that production of the Sigma 24-105mm f/4 DG OS HSM Art had stopped.

Via : Sigma 24-105mm f/4 Art Discontinued?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す