スポンサードリンク

フォクトレンダー「Nokton10.5mm F0.95 Aspherical」は今年前半に発売される(43eumores)

Pocket
LINEで送る

フォトキナ2014でVoigtlanderによるマイクロフォーサーズ用の超大口径レンズ4本目となる「Nokton10.5mm F0.95 Aspherical」が発表されましたが、43rumoresによれば今回、Voigtlanderの公式Facebookに今年の第一四半期〜第二四半期に出荷されるというポストがあったようです。

On Facebook Voigtlander confirmed the new will ship in Q1/Q2. And Martin Wagner is apparently the only one having the new Voigtlander in his hands. He just posted one single image samples on his facebook page

Via : Voigtlander 10,5mm f/0.95 will ship in Q1-Q2! | 43 Rumors

またMartin Wagner氏のFacebookに、Olympus OM-D E-M1とVoigtländer 0,95/10,5mmの組合せによるサンプルイメージもアップされており、これも、フォクトレンダーの公式Facebookにリンクで紹介されているということです。

ちなみに、こちらはVoigtlanderの海外向けHPに掲載されている“MFT 10,5 mm / F 0,95 Nokton”のスペックページ

  • レンズ構成 10群13枚
  • 最大倍率 1:40
  • 最短撮影距離 0,17 m
  • レンズ最大経 77 mm
  • 全長 82,4 mm
  • 質量 586 g (レンズフード無し)
  • フィルターサイズ 72 mm
  • マウント マイクロフォーサーズ
  • その他 絞り操作方式選択機能
  • レンズフード及びキャップ付属

こちらは、CAPAカメラネット様による、インタビュー動画

マイクロフォーサーズ+フォクトレンダーファンの方にとっては、42.5mm、25mm、17.5mm、に加え10mmという広角レンズも拡充ということで、嬉しいお知らせですね!
このレンズ、今年前半にも発売ということですのでCP+でその実力が判るかもしれません、楽しみです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す