スポンサードリンク

米国・日本のニコンがD750で発生するバンド状シャドー問題に関するステートメントを公開(追記)

Pocket
LINEで送る

少し前からニコンD750のユーザーで話題になっている、厳しい逆光の条件で画像上部にバンド状のシャドー状のシャドーが発生する問題について、米国ニコンよりステートメントが発表されたようです。

We have received indications from some users that when photographing scenes in which an extremely bright light source, such as the sun or high-intensity lighting, is at a certain position along the top border of the frame, flare with an unnatural shape caused by the reflection of the light may sometimes occur in images captured with the D750 digital SLR camera.

Via : To users of the Nikon D750 digital SLR camera | Nikon Knowledgebase

  • ニコンはD750を使うユーザーより高輝度の光源が入る状態で、画像フレームの上部の決まった位置に意図しないボーダー状のフレアが発生するという報告を受けている
  • ニコンは既にこの問題の検証を開始しており、今後もユーザーからのアドバイスを求めている

海外もメディあでは検証記事や動画も公開されているようですが、ニコンが認識されたということで、今後解決に向かうと良いですね!

(追記)日本のニコンサイトにも同様の告知が掲載されましています。

この度、デジタル一眼レフカメラ D750において、太陽や高輝度の照明などの明るい光源が、撮影画面の上端付近に位置するシーンを撮影した際に、画像にフレアーが不自然な形状で写り込む場合があるとのご指摘を一部のお客様より頂戴しております。

Via : ニコンデジタル一眼レフカメラ D750ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング

D750で同様の現象を経験された方はニコンのサポートセンターにお問い合わせされてみられることをお勧めいたします。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “米国・日本のニコンがD750で発生するバンド状シャドー問題に関するステートメントを公開(追記)

コメントを残す