スポンサードリンク

ソニーα77II動画テスト&レビュー記事(cinema5d)(訂正)

Pocket
LINEで送る

(訂正):当初α7IIとしていましたが、α77IIの記事に訂正いたします。

動画関連情報サイトのcinema5dにSONYα5Dのレビュー記事と、テスト用としてXAVC-S codecで記録し作品として編集た”Welcome to my home”という動画がVimeoにアップされています。

Before you watch the video: I was attempting trying a new audio wireless device which unfortunately does not work well with this camera. The result is a distorted audio track. The camera it-self produces better sound then in this video.

Via : Sony A77mII first look (XAVC-S codec) | cinema5D

撮影時用いたレンズはαマウントの16-50mm f2.8(SAL1650)レンズ。
Adobe Premiere CCによるポスト処理で30%シャープネスとフィルムフィルターを追加しているということです

■α77IIの強み

  • ゼブラ表示機能
  • ピーキング表示機能
  • ティルトタイプ可動液晶
  • 先進的かつ効率的なコーデック
  • クリーンな動画画質
  • 撮影時にオーディオレベルの調整が可能
  • 妥当な低照度性能
  • バッテリーライフ

■α77IIの弱み

  • アンチエイリアスが強い
  • ローリングシャッターが強く出る
  • ソフトな画質、ポスト処理でエンハンスが必要
  • フラットなビデオプロファイルが無い
  • ヘッドホンジャックが無い
  • 撮影中にフォーカスのパンチインが出来ない
  • SONYのプロ用オーディオXLR接続デバイスが使えない

α7シリーズには、動画最強のα7Sがあり、私もα7IIとどちらを購入するか少し迷いましたが、サンプル動画を見る限り、ファミリー用のムービーにはα7IIでも十分なようです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す