スポンサードリンク

オリンパスOM-D E-M5 Mark IIはセンサーシフトマルチショット搭載?(mirrorlessrumors)

Pocket
LINEで送る

mirrorlessrumors.最良のソースが確認した情報で99%確実ということです。
2月の1週目に発売されるOLYMPUS OM-D E-M5 MarkIIは高解像度のイメージを出力しているという情報が流れていましたが、そのトリックが明らかになったということです。

  • (OM-D E-M5 MarkIIには引き続き)1600万画素のイメージが搭載されている
  • センサーシフト方式と8フレームを連続撮影することで最高4000万画素のイメージを出力することが出来る
  • ダイナミックレンジを拡張出来るHDRマルチショットと同様に撮影し、OLYMPUSのセンサーシフトによって1ピクセル分シフトした画像を組み合わせることで解像度を増加させる
  • この技術は風景撮影時などで有効だが、高速で動く物体については完璧では無いと思われる

ということですが、この技術は、SONYの中版イメージセンサーを搭載する「Hasselblad H5D 200c Multi-Shot」が、5000万画素センサーのマルチショットによって2億ピクセルを得る技術を既に実現していますが、それと同じ原理のようです。

また、ペンタックスは、K-3やK-S1で搭載されている「ローパスセレクター」は、センサーを半ピクセル分動かすことで擬似的なローパスフィルターを実現しています。

オリンパスのマイクロフォーサーズ機はセンサーシフト方式の手ブレ補正を搭載していますので、マルチショットとセンサーシフトを組み合わせることは、すでに実現されている構成で可能であるのも強みかもしれません。

ちなみにSONYはα7IIでOLYMPUS OM-D E-M1同じような5軸手ブレ補正を搭載しています。
そして、OLYMPUSはSONYと密接な関係があるHasselbladのマルチショットを搭載することになれば、これこそクロスライセンス的な話に無理矢理(^^;結び付けたのは私だけでしょうか?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル