スポンサードリンク

パナソニック「LUMIX CM1」レビュー記事(EOS HD)

Pocket
LINEで送る

EOS HDがパナソニックがフォトキナ2014で発表した、1インチセンサーを搭載するコミュニケーションカメラ「LUMIX CM1」のレビュー記事を掲載しています。

■良い点

  • あらゆるスマートフォンの中でベストのカメラセンサー
  • RAW撮影可能など多くのカメラ的な機能
  • 1080pでの良い動画画質
  • カメラ的な手堅いユーザーインタフェースが多く備わる
  • スマートフォンとしては高感度性能が非常に良くISO1600やISO3200でも使える
  • 連写性能
  • とても高速なAF
  • マニュアルフォーカス及びマニュアルコントロールモードがなかなか使えること
  • ライブヒストグラムや多くの表示オプション(フォーカスピーキング等)
  • Full HD 1080p撮影時の色/コントラスト調整機能が素晴らしい

■劣る点

  • 単純に言えばスマートフォンとしてiPhone6 Plusを手放すには十分では無いこと
  • もし自分のスマホを置き換えることが出来ないとすれば、カメラとして導入するのは意味が無さそう(例えばLX100などのハイエンドコンパクトを使えば良い筈)
  • 魂に訴えないデザイン
  • 手触りがラフ、本体の素材の選択がプア
  • 899ユーロは高すぎる
  • Androidとしてはまったく平凡
  • 最先端のスマホとしてはぶ厚い
  • iPhone 6 Plusと比較すると、音楽プレイヤー及びオーディオ品質が劣る
  • 899ユーロなのに16GBのストレージしか無い(Micro SDで拡張は可能)
  • 25p及び24pが無く、欧州のみのリリースなのに30pのみという考え方がおかしい
  • スローモーションビデオ撮影機能が無い(60pも無い)
  • 合成皮革のチープな手触り
  • レンズが拡張出来ない
  • 4Kが15pのみで大きくクロップされている
  • RAWで撮影した際次の撮影まで4秒掛かる
  • バッテリーライフが短い
  • 使い道が限られること
  • 販売開始時のアクセサリが少ないこと、ケースが添付されていない

EOS HDの各項目評価でも画質が100%と満点を記録していますが、(スマホとして)その他の項目の評価がおしなべて低いようです。

確かに899ユーロのカメラと考えると、外観品質がもう少し上であっても良い感じがしますね。
また、カメラ的な外観や使い勝手を向上させるオプションを準備するだけでも良い評価になったかもしれません。
日本には導入されるのでしょうか?個人的には楽しみです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す