スポンサードリンク

富士フイルム X-T1 X-E2にクラシッククローム搭載など機能アップ新ファーム発表

Pocket
LINEで送る

富士フイルムがXシリーズミラーレスカメラ、X-T1、X-Pro1、X-E2、及びX-E1の新ファームウェアの公開予告を行いました。

■ X-T1 :Ver.1.10

富士フイルム株式会社は、「X-T1/X-T1 Graphite Silver Edition」へのお客さまからのご要望を反映し、操作性を改善した最新ファームウエアを12月18日より無償提供いたします。

Via : X-T1の操作性を改善し、最新の機能を追加「FUJIFILM X-T1」、「FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition」最新ファームウエアを公開 : お知らせ | 富士フイルム

  • 最高速度1/32000秒の電子シャッター
  • 新フィルムシミュレーション「クラシッククローム」を追加
  • 「ナチュラルライブビュー」モードで光学ファインダーのように目で見たままに近い自然な画面表示で撮影することが可能
  • EVF/LCD鮮やかさ調整11段階で調整可能
  • AFエリアダイレクト選択、十字キーでダイレクトに行えるように
  • AE-L(露出固定)/AF-L(フォーカス固定)ボタンの機能入れ替え
  • マニュアルフォーカス時にフォーカスエリアのサイズ変更
  • マクロモードダイレクト選択
  • Qメニューのカスタマイズ
  • 動画フレームレート選択、60fpsと30fpsに加え、50fps、25fps、24fpsの3種類のフレームレートを選択できるように
  • 動画マニュアル撮影
  • ワンプッシュAFの位相差AF対応
  • 測光エリアのフォーカスエリア連動でスポット測光選択時、測光エリアとフォーカスエリアの位置を連動させることが可能に
  • プログラムシフト設定領域の拡大で最長4秒のシャッタースピードまでプログラムシフトが可能に
  • ファンクション(Fn)設定に、「フラッシュ調光補正」、「シャッター方式」、「モニター撮影効果反映」、「マニュアル露出時表示」、「ロック」を追加。
  • instaxプリンタープリント
  • ダイヤル/ボタン/メニュー操作のロック機能を追加。
  • カスタムホワイトバランスが1個から3個に。
  • マニュアル露出時表示でフラッシュ撮影でも適正な露出、ホワイトバランスで表示
  • 「AF+MF」(AF時のマニュアル微調整モード)
  • PCリモート撮影をサポート 別売ソフトウエア「HS-V5」をサポート

■FUJIFILM X-E2 : Ver.3.00

  • 新フィルムシミュレーション「クラシッククローム」を追加
  • フォーカスモードに「AF+MF」(AF時のマニュアル微調整モード)を追加
  • インターバルタイマー撮影機能を追加
  • 専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」(無料)によるリモート撮影ができる機能を「ワイヤレス通信」に追加

■FUJIFILM X-Pro1 : Ver.3.40

  • フォーカスモードに「AF+MF」(AF時のマニュアル微調整モード)を追加
  • インターバルタイマー撮影機能を追加
  • 専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」(無料)によるリモート撮影ができる機能を「ワイヤレス通信」に追加

■FUJIFILM X-E1 : Ver.2.40

  • インターバルタイマー撮影機能を追加
  • 専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」(無料)によるリモート撮影ができる機能を「ワイヤレス通信」に追加

 

新ファームウェアのダウンロード先はこちら→http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/fw_table.html

 

X-T1の機能向上内容は凄い量ですね。他社も含めてこれほどまでに一気に機能追加/向上される例も珍しいかと思います。
また既に生産が終了したX-E1についても機能アップ新ファームを公開するのは良心的ですね。
しかし、X-T1、X-E2、X100T、X30以外の機種にもクラシッククローム搭載を望む声が大きいと思うのですが、こちらの対応は難しいようですね。
クラシッククロームの評判がすこぶる良いだけにちょっと残念ですね。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す