スポンサードリンク

ソニーの電子カラーフィルター“APCS”センサーがベイヤーセンサーの歴史に終止符を打つ!?(SAR)

Pocket
LINEで送る

sonyalpharumorsはcnbetaというサイトがリークしたソニーの新型“APCS”センサーのスペックシート画像を掲載しています。
もしこの情報が本当であれば、写真業界の歴史を変える出来事になるという画期的なイメージセンサーになるようで、、、

  • ソニーはこれまでのRGBベイヤー構造とは異なる“Active-Pixel Color Sampling sensor (APCS)”を2015年にアナウンスする予定
  • リーク?したスペックシートによれば、このAPSCセンサーは4800万画素の1.5インチセンサー
  • 単一の画素は電子的に動作するカラーフィルターを持ち、フルカラー情報の取得が可能
  • カラーフィルタの動作方式の詳細は不明だが、APCSではセンサーは、ベイヤーのようにRGBGの4つの専用ピクセルを用いることなく、単一のピクセルがフルカラー情報を取得する
  • シグマがDPカメラに用いているFOVEONセンサーは垂直3層のレイヤー構造だが、APCSセンサーはそれより更に進化した構造となる
  • FOVEONでは垂直の3つの画素を総画素数としてカウントしおり、また、各レイヤーで減衰が発生することからノイズ処理が困難であったが、APCSではそのようなことは無い、
  • 有利な点
    • 同等の解像度となるベイヤーセンサーと比較すると、単一ピクセル面積が大きい。このことから、よりダイナミックレンジやノイズに対して有利となる
    • モアレ問題が発生せず、ローパス/アンチエイリアシングフィルターが不要になる
    • 同等のノイズレベルで更なる超高画素センサーが開発可能になる、例えば、α7rの3600万画素と同等のサイズのセンサーなら更に高画素となる
    • (ダイレクトカラー情報によって)読み出し速度と処理速度の向上が期待出来る
    • (実質)皆さんが待ち望んだ完全なモノクロームセンサーともなる:-)
  • 更なる機能
    • 電子グローバルシャッターによって動画でのゼリーエフェクトが無くなる
    • 2K時16000フレーム/秒の読み込み速度!
  • いつこのセンサーが現れるのか?
    • このセンサーはXpedia Z4スマートフォンに最初に用いられると予測する
    • αシリーズのAPS-Cとフルサイズはその後に登場する筈!
  • スペックシートについて
    • 信頼出来るソースによれば、2015年〜2016年初頭にかけて、完全に新しいセンサー技術が公開されるという情報が送られていた

sonyalpharumorsにアップされているスペックシートはホンモノだとすると、確かにイメージセンサーの歴史を変えることになるかもしれませんね。
ちょっと気になるのが2Kながら16000フレーム/秒、4Kで240フレーム/秒という読み取り速度、、、スマホに搭載されるセンサーとしては1ケタ多いような気もしますが。。。。

ただこの1.5インチセンサーがまずスマホに搭載されるとすれば、コンデジを完全に凌駕するカメラとなりそうなのも非常に楽しみです。
またソニーはすでに曲面センサーを実用化していますが、APCS曲面センサーが実現できれば、さらに大変なことになりそうですね!!

 

p.s.この情報APCSをAPSCと空目していました;;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “ソニーの電子カラーフィルター“APCS”センサーがベイヤーセンサーの歴史に終止符を打つ!?(SAR)

コメントを残す