スポンサードリンク

ソニーは2016年リオオリンピックで8Kフルサイズミラーレスカメラを出す!?(SAR)

Pocket
LINEで送る

先週末ソニーが8Kのプロトタイプカメラを準備しているという情報が流れましたが、別のソースからも情報が来ているということです。

A second source added some more info about the Sony 8K camera prototype rumor we posted last week (article here):

Via : (SR4) 8k Mirrorless Full Frame coming for Rio 2016? | sonyalpharumors

  • BBCで目撃された8Kカメラと同じようなものを見た
  • 一眼レフタイプのボディ(α99と同じような外観と思われる)
  • グリップ(D4や1Dxのような)が付けられているが一体型では無い
    • 前回の情報では縦位置グリップ付きということだったが、その情報源がよく見ていなかった、あるいは、2つの異なるプロトタイプがある可能性も無きにしもあらず。
  • 技術的な面での追加情報はいが、ソニーは「18〜24ヶ月以内に皆さんはこれに満足することになる」と語った。よって、2016年のリオオリンピックで使われる8K機材であることを強く示していたと考えられる。

sonyalpharumorsは、8Kのカメラが可能になれば、スチルカメラマンにも、特に、動物や動くモノを撮影する人にとっては、1600万画素のイメージを8K動画から切り出すことが出来るようになる!ということを解説しています。
また今回は、一眼レフスタイルの8Kカメラの噂が2度目ですので、sonyalpharumorsは確度をSR4にしているようです。

ちなみに、8Kは8192×4320≒3200万画素であり、4Kは4096×2160=≒800万画素ですので、8Kから切り出す動画は3200万画素になると思いますので、8K=4K☓2と勘違いしている可能性もあります。

いずれにせよ、リオオリンピックでは8Kカメラが活躍出来るようになる技術進歩は十分にあると思いますので現実的な話のように思えます。

そして、2020年の東京オリンピックまでには、コンデジなどのコンシューマーカメラでも8K撮影が出来るようになっていれば良い?ですね!
もしかしたら、8K搭載のスマホの方が先だったりして;;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す