スポンサードリンク

「“撮る”を開放する」OLYMPUS STYLUS 1s発表

Pocket
LINEで送る

1.7インチセンサーで28-300mmF2.8ズーム搭載のオリンパスSTYLUS 1に“s”が付く最新モデルが発表されました。
発売予定日は11月中旬ということです。

OLYMPUS STYLUS 1sプロモーションビデオ

■製品情報ページ

■先代モデルからの主な追加及び変更点

  • スモールAFターゲット
  • ステップズーム
    • 28mm、35mm、50mm、70mm、85mm、100mm、135mm、200mm、300mm
  • フォーカスピーキング
  • 焦点距離表示(35mm判換算の焦点距離で表示)
  • インターバル撮影機能
  • タイムラプス動画
  • 外装およびグリップラバーに青いラインが追加
  • リチウムイオン充電池は容量がアップした「BLS-50」で撮影可能枚数は約450枚

■実写サンプルイメージ

■オリンパスオンラインショップ

STYLUS 1s オンラインショップ限定キャンペーン

■各メディアの記事

オリンパスイメージングは、ズーム全域F2.8のレンズ一体型デジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS 1s」を11月中旬に発売する。 価格はオープン。店頭予想価格は税別6万5,000円前後の見込み。

Via : オリンパス、高級コンパクト「STYLUS 1」をリニューアル – デジカメ Watch

ユーザーから要望が多かったという機能を新たに搭載。AFターゲットのサイズを小さくして狙った部分にピンポイントでフォーカスしやすい「スモールAFターゲット」 、特定の焦点距離にスピーディーにセットできる「ステップズーム」、マニュアルフォーカス時に合焦位置付近の輪郭を強調表示する「フォーカスピーキング」などが追加された。

Via : オリンパス、ステップズームなどを追加したF2.8通しコンデジ「STYLUS 1s」 | マイナビニュース

コンパクトデジタルカメラ「STYLUS」シリーズの最高峰モデルで、従来の「STYLUS 1」の後継機。高級感溢れる薄型ボディに、35mmフィルム換算で28~300mmの光学10.7倍、ズーム全域でF2.8の「i.ZUIKO DIGITALレンズ」、1200万画素の1/1.7型CMOSセンサを搭載する。要望の多かった「スモールAFターゲット」や「ステップズーム機能」を追加した。

Via : オリンパス、手のひらに乗るサンニッパが進化、一眼並みのコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS 1s」

フォーカスピーキングは、構図の中でピントの合った部分を強調表示する機能。合焦位置を厳密に確認しながら撮影したい場合に使います。表示色は白と黒から選択可能です。

Via : OLYMPUS STYLUS 1s 発表。ステップズームやピーキング機能などを追加したフラッグシップ機 – Engadget Japanese

300mmの望遠レンズを手持ち撮影することと小型化を両立するため、レンズ内手ブレ補正機構を採用。望遠や暗所撮影時に発生しがちな手ぶれを低減し、被写体を正確にとらえる。

Via : オリンパス、一眼レフ並みの画質・機能のコンデジ「OLYMPUS STYLUS 1s」を発売、動画で紹介 – ナビコン・ニュース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す