スポンサードリンク

ソニーαマウント製品は2015年に動きがあるのか?(SAR)

Pocket
LINEで送る

ここ最近、sonyalpharumorsにやって来るEマウントのニュースや噂については多くがその通りになることが多いようですが、最近はαマウントの情報についてはなかなか確からしい話がやって来ないようです。

While E-mount news and rumors are pretty reliable and stable the A-mount future is quite more…unpredictable. The last couple of weeks I got in contact with as many as source as possible to try to gather some reliable info. And this is what I got:

Via : (SR4) What I heard about the A-mount future so far: Going Pro, slow release cycle, lenses. | sonyalpharumors

そこでsonyalpharumorsはここ数週間αマウントの情報ついて情報収集を行い、そこで聞いたことを纏めています。

  1. αマウントは確実に継続される
  2. ソニーのEマウントの成功について少々予定外のことだった。その結果、Eマウントに対するリソースと製造に注力したことから、多くのαマウント製品の発表が遅れることになってしまった。その理由は、競合が追いつく前にシステムの拡大を出来るだけ急ぐ必要があったからである。これは2014年に計画されていたαマウントレンズが未だでていない理由になる。
  3. αマウント製品のリリースサイクルは長期化している。
  4. 新αマウントカメラはよりハイエンド市場にフォーカスすることになる。おそらくエントリレベルのαマウントカメラが今後出ることな無い。

2015年の1月〜2月にかなり大規模なアナウンスメントが予定されているそうですが(CESやフォトキナということでしょうか?)しかしどの情報源もそれがαマウントのことであることは確認していないということです。

ソニーはαマウントについて継続することは確実ということですが、今回の情報の流れからするとαマウント機とレンズは限られたものに集約されることになるように感じます。

αマウントボディの方は実質ミラーレス化していますので、Eマウント機と共通で使える部分も多く、開発にそれほど負担になることは無いかもしれません。

しかしαマウントのレンズが今後どれくらい出てくるのかで、ソニーの方針が解るかもしれませんね。

α99のプロモビデオを見ると、それなりに魅力を感じますが、、、αマウントの今後について注目したいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す