スポンサードリンク

パナソニックLX100/GM5/GM1Sと4Kその後についてインタビュー記事(マップタイムズ)

Pocket
LINEで送る

マップカメラがPanasonic社の田所 芳文氏へのインタビュー記事を掲載しています。

今回はPanasonicの「LUMIXエキスパート」ともいえる田所さんをお招きして今回の新製品の魅力をより多くの方へ知って頂くために、WEB上でも製品についてのインタビューを掲載させて頂きます。

Via : 【メーカーインタビュー】 Panasonic 新製品 「LUMIX DMC-LX100 / GM5 / GM1S」 について » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。

■『LUMIX DMC-LX100』

  • 製品の一押しポイントは2つ
    1. “「LUMIX」シリーズにおいて最高画質を実現できるスペック”
      • “レンズ”は“小型化”と“ボケ味”の両立
      • “センサー”は「GX7」のセンサーを採用
      • “画像処理エンジン”「GH4」と同じものを採用
    2. “アナログ感”
      • フィルムカメラを使用されていた方が扱いやすいような操作系とレイアウトを両立したデザイン
      • 絞りリングのAポジションのクリックストップを少し固め
  • EVF
    • 忠実な色再現という点に徹底的にこだわりAdobeRGBに対応
    • キャリブレーションしたPCモニターや、プリント色に合わせてファインダー表示色を合わせこんでいくといったことも可能
  • “4Kフォト”
    • 1/30秒ごとに約800万画素相当で15分間も連続で撮影することが可能

こちらはLX100のプロモビデオ

■『LUMIX DMC-GM5』

  • これからのトレンドを作っていこうという強い意志を持ってカラーの提案
    • 革のデザインにこだわった
    • 高級レザーを研究を重ね、GMシリーズに合うテイストのものをセレクト
    • カラーごとに異なった質感
    • グリーンカラーは目の細かい“ベビーオーストリッチレザー”
  • コアな写真・カメラ愛好家の方の意見をストレートに反映しファインダーを搭載
    • サイズを肥大化させないため、相当な努力
    • EVFを覗いている最中に消灯した背面液晶を指でなぞることでフォーカスポイントの移動が可能
  • 2-32mm、15mm F1.7、14mm F2.5、35-100mm F2.8の4本のレンズと「GM5」と一緒に持ち運んでも約590g

■『LUMIX DMC-GM1S』

  • スナップムービーモードなど機能強化
  • 若い層の方の目を引くカラー展開
    • アパレル業界などでも常にブルーはトレンドカラー

■Panasonic LUMIXミラーレス一眼の今後の展望

  • 「LUMIX G」の“G”とは“Generation”
    • 新しい世代を築けるような革新的な機能を備えている
  • 今注力している機能としては“4K”動画
  • 60Pのフレームレート対応へと進化していくということはお約束できる
  • 次代の8K収録まで視野に入れている
  • 写真を撮るという行為自体も変貌していく

LX100はミラーレスカメラに負けないかそれ以上の拘りを持って作られたのが良く解りました。

また、次のLumixでは4K60Pを約束、そして、更に次には8Kをターゲットにしているということですが、横8000ピクセルとすれば、4:3マイクロフォーサーズの場合、縦6000ピクセルとすれば、4800万画素のセンセーが必要と思いますが、数年後、そんなマイクロフォーサーズが出てくるとすれば、楽しみですね!

でそんなセンサーで約3200万画素相当で実質30コマ/秒となる(筈)の「8Kフォト」が、コンパクトでデザインに拘ったLUMIXで実現出来るとなると、本当にカメラの未来は変わって行くのかもしれませんね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す