スポンサードリンク

SIGMAのレンズがキヤノンシネマEOS C100のAFに対応:追記あり

Pocket
LINEで送る

sigma-rumorsによれば海外でのシグマグローバルサイトにキヤノン EOS C100に対応するファームウェアが公開されたということです。

Sigma has released a new firmware for the four Global Vision lenses below.

Via : Canon EOS C100 AF Support Added to Several Sigma Lenses

今回対応したレンズは以下の4本

  • Sigma 30mm F1.4 DC HSM | Art
  • SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM | Contemporary
  • Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
  • Sigma 24-105mm F4 DG OS HSM | Art

レンズのファームウェアをアップデートするには、USB DockでPCに接続しSigma Optimization Proによってアップデートを行うということですが、日本語ページでは現時点でアナウンスはありません。

海外では10月3日に公開されているようです。

Canon EOS C100はスーパー35mm相当CMOSセンサーの小型シネマカメラということで、シグマのコストパフォーマンスに優れるレンズが使えるようになるということは、更に低コストでの運用と機動力の幅が広がりるということですね!

【追記】

Twitter経由で天野ユタカ様から、このアップデートは、天野様の提案をシグマ山木社長が対応されたという情報を受け取りました。ありがとうございます!

天野様はアドビのサイト“Adobe Focus In / ユーザー事例”でも紹介されているシネマEOS使いのクリエーターの方ということです。

流石シグマらしい素晴らしい対応ですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す