スポンサードリンク

ニコン D750 レビュー記事(マップカメラKasyapa)

Pocket
LINEで送る

マップカメラの写真ギャラリーサイトKasyapaにNikon 750のレビュー記事が掲載されています。
素晴らしい作例にも見入ってしまう記事です。

今年に入ってすでに3モデル目。ほぼ3ヶ月おきに新製品をリリースするというハイペースから生まれた新製品の実力はいかに。さっそく撮影に出掛けてきました。

Via : マップカメラ | KASYAPA | 238:撮影者の最強のパートナー『Nikon D750』 | Nikon

■画質

  • ISO 12800でクリアーな画質で申し分ない
  • ローパスフィルターが採用されているが、言われても気づかない見事な鮮鋭感
  • データ容量も加味すれば、使いやすくバランスの取れた解像力

■使い勝手

  • スリム化によりグリップ部分がり自然にフィットするように、グリップ性能も大きく向上
  • 片手での撮影でもブレを心配せずシャッターを切れるのは大きな魅力

■AF

  • 動きに強いグループエリアAFが、しっかり被写体を捉えてくれる
  • フォーカスポイントがやや中央に寄っている感がある
  • -3EVの低照度下でもピント合わせが可能になったのは魅力

■液晶モニター

  • 逆光を配置しながらの細かな構図調整では、チルト機能がとても重宝した
  • チルト機能によって使いやすくなった液晶モニターは、視認性も向上しています。
  • 明るい日中下でもクリアーな画で、被写体の細部まで確認できる

■ファインダー

  • 多層コートミラーを採用されており、ファインダー内でよりニュートラルな色味が確認できた
  • 高精細な画質をファインダー内でイメージできるので、撮影がとても楽しくなる

■まとめ

  • ライバル社のカメラを相当意識して作られているのが分かる意欲作
  • 撮影者のイメージを忠実に再現してくれる最強のパートナーになる

D750と大口径レンズがあれば撮れないモノは無いという感じですね。

ちょっと高いかもしれませんが、より多くの方が使えるカメラに仕上がっているということですが、Wi-Fi内蔵しているのもスマホなどでSNSされる方には重宝しそうです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す