スポンサードリンク

ニコンマーケティング部長インタビュー記事|後継機症候群?(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatch様がフォトキナでの、ニコン 映像事業部 マーケティング統括部第一マーケティング部長の楠本滋氏へのインタビュー記事を掲載しています。

もともと、フォトキナに合わせて製品を投入するよりも、マイペースに必要な時期に必要な製品のモデルチェンジを行ってきたニコンだが、今回は特に大人しいという印象もある。

Via : インタビュー:【フォトキナ】“後継機症候群”を打破 新しい時代に対応すべく――ニコン – デジカメ Watch

■“後継機症候群”

  • 自覚しており。打破したい。
  • “今までの後継機”だけでは発展しない。
  • “より良い後継機”に期待してくださっている方もいるので用意しなければならない。
  • 来年以降も計画通りに従来機種のアップデートは行う。

■D300s後継機は?

  • EOS 7D Mark IIが発表され、D300S後継の期待が高まることは十分理解している。
  • 期待に応えたいという気持ちでいっぱい。

■Android搭載のCOOLPIXは今後も続けるのか?

  • S800c/S810Cは利益貢献を担う製品にはならなかった。
  • “ニコン”のブランディング面ではプラスになった。
  • カメラの通信系機能を強化する上でAndroidが唯一の答えかを深く考える必要がある。
  • マートフォンに慣れた人でも、すんなりと使えるカメラを作ることが大切。

■何故D750を出したか?

  • FXセンサーを選択する方々は、それぞれに多彩な趣味を持つ人たちが多い為、800系と600系の間にラインナップした。
  • 一眼レフカメラ市場が-15%程度で推移しているがFXセンサー搭載機は落ち込みの影響が少ないカテゴリ。
  • しばらくは3つのボディ系列を維持する。

■Dfの現状と今後は?

  • すぐに次期モデルを投入することはない。
  • 地域性はあり、日本では特にウケが良い。
  • このようなコンセプトを世界中で浸透させるには少し時間がかかる。

■D4S

  • この分野は競合がキヤノンしかいない。
  • 次世代機を出すなら大きく追い越す製品にしなければならない。

■Nikon 1 や1インチセンサー機について

  • Nikon 1 V3と1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6から、世界中の販売店、顧客の反応が変化。
  • V3を契機に変わってきている実感がある、
  • 1インチセンサー機はもういちどシッカリと商品の企画、開発、プロモーションからやる。
  • 1 NIKKOR 70-300mmは、当初の予想を大きく超える注文で出荷遅れとなったが現在は解決。
  • AW1に関しては改良の余地があり、改良したモデルを投入できると考えている。
  • 防水カメラに関しては、まだまだ可能性はあり今後も開発に取り組む。

■Capture NX-Dの表現が悪い件

  • β版での評判は確かに芳しくなかった。
  • “これから進化させていく課程”。

■Nikkorレンズのリフレッシュは?

  • 商品企画の際に大いに議論している。
  • 個性的なエンジニアの自律神経という部分もある。
  • 目覚めていない潜在顧客を掘り起こせるかなどを考える。
  • お客様が“そそる”と思ってくれるものでなければ買ってもらえねいが今後、期待して欲しい。

■COOLPIX Aの今後は?

  • 販売面で苦戦し、現在は次へとつながっていない。
  • ぜひとも続きをやりたいが採算性も考えなければならない。
  • COOLPIX Aを出した頃とはコンセプトも変えなければならない。
  • カメラとしてのトータルとしてはもう一歩なので次はリベンジしたい。
  • 市場からの要望は強い。

■コンパクトデジタルカメラの今後は?

  • 国ごとに事情は異なる。
  • ローエンド製品が今も売れ続けている地域もあり、ラインナップとして、現時点ではまだ必要。
  • スマートフォンと仲良くなれるような仕掛けもしていきたい。

■創立100周年(2017年)の“仕込み”

  • 特別なことをやりたい。
  • ニコンのこれからを象徴するような提案をしたい。

ニコンD750という素晴らしい一眼レフカメラを出しながら、このインタビューではどことなく勢いが感じられないのは私だけでしょうか?
後継機症候群という言葉が気になりますね。

個人的には、D810を急いで出した理由もよく判りません。
フォトキナで、D810とD710をダブル発表!とか、ニコンデジタルライブ2014で、D750とD810をダブル体験!(^^;;の方が盛り上がったとは思いますが、どうなんでしょうか?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す