スポンサードリンク

ソニーの驚きの発表はフォトキナでは無く来年の2月?つまりCP+?(SAR)

Pocket
LINEで送る

これまで発表されたα5100、QX1、そして、新4K Eマウントカムコーダー以外、ソニーはPhotokinaで新カメラを発表することは無いということを確認したということです。

But I really hoped that my sources would be wrong and that Sony simply kept the new camera(s) hidden in secret. But my sources are good and my hope proved to be misplaced. I am now 100% sure there will be no other new camera after the recent A5100 and QX1 launch and the soon to be announced 4K E-mount camcorder.

Via : (SR5) No other new camera from Sony at Photokina! (SR5) New generation sensor and camera(s) release in January! | sonyalpharumors

  • αマウント及びEマウント共に、Photokinaでは新しいカメラは無い、新αマウントレンズ及びEマウントレンズのみ発表される。
  • ソニーは2014年後半の戦略を“見なおした”。彼らは小規模なアップグレードになるカメラ(α99II?)のリリースを避けることを決定した。
  • ソニーのゴールは強烈なインパクトがある発表に集中することである。“ワオ!”が含まれる製品として。

そして下記は100%信頼出来る情報ということです

  • ソニーは2月に大規模イベントを準備している。彼らは新世代のイメージセンサーを持つ、完全に新世代のカメラをリリースするつもりである。
  • それらのカメラは2つの機能を持っている。
    1. 超高解像度及び高ダイナミックレンジ、そのうち1つは4600万画素のフルサイズセンサー
    2. 超高速のAF速度
  • フォトキナでこれらがアナウンスされないことは奇妙だということは判るが、それはそれ。ここ数週間の間に信頼出来る情報源全てがこれらの情報を伝えて来ている。

ということで、来年の2月に、ソニーは世界中の人々が驚くカメラが復数発表することを計画している、といういうことです。
2月と言えばCP+ということになるのでしょうか?
今回の情報が本当だとすれば、日本のファンにとっては嬉しいお知らせかもしれませんね!

そして、そこで発表されるのは、噂のフルサイズ曲面センサーということになるのでしょうか?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す