スポンサードリンク

富士フイルム「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R APD」発表

Pocket
LINEで送る

富士フイルムがアポダイゼーションフィルターを搭載し美しいボケを生み出す新Xマウントレンズ XF56mmF1.2 R APDを発表しました。

発売は12月ということです、

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、プレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズラインアップとして、アポダイゼーションフィルター(APDフィルター)(*2)搭載のレンズにおいて世界で初めてAF撮影を実現し、圧倒的な解像力と柔らかく美しいボケ味で、卓越した写真画質と立体感のある表現を可能にする大口径AFレンズ「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R APD」を、平成26年12月より発売します。

Via : 世界初!柔らかく美しいボケ味を生み出すアポダイゼーションフィルター搭載のAFレンズ「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R APD」 卓越した写真画質と立体感のある表現が可能!ポートレート撮影に最適! 新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

■製品情報ページ

APD搭載レンズとして世界初のオートフォーカスに対応

■アポダイゼーションフィルターの解説

■公式サンプルイメージ

デジカメWatchによれば、予測価格は16.5万円ということです。

Xマウントレンズとしてはやはり最も高価な部類になりますが、世界で唯一のレンズということで、これは気になる存在ですね!

価格はオープン。店頭予想価格は税別16万5,000円前後の見込み。

Via : 富士フイルム、ボケ味にこだわった大口径望遠レンズ – デジカメ Watch

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す