スポンサードリンク

ナノGIコーティング採用!富士フイルム「F XF50-140 F2.8 R LM OIS WR」発表!フラッグシップ望遠ズームレンズ!

Pocket
LINEで送る

富士フイルムがミラーレスXマウントの新大口径望遠レンズ「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」を発表。
ズーム全域で開放F値2.8ながら1kgを切る軽量化とクラス最高水準の手ブレ補正により、手持ちでの超高画質撮影が可能な望遠ズームレンズということです。

プレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズラインアップとして、1kgを切る軽量化とクラス最高水準の手ブレ補正を実現し、ズーム全域で開放F値2.8の明るさで超高画質撮影が可能な大口径望遠ズームレンズ「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」を、平成26年11月より発売します。

Via : 1kgを切る軽量化とクラス最高水準の手ブレ補正により、手持ちでの撮影領域を拡大。ズーム全域で開放F値2.8の超高画質撮影が可能な望遠ズームレンズが登場!「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」世界初の「トリプル・リニアモーター」による高速・静音フォーカスや、防塵・防滴・耐低温構造を採用!新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

富士フイルムはまた魅力的なレンズを発表しました。
Xシステムのミラーレスレンズを急速に拡大していますね、本当に勢いを感じます。

■フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR 製品情報ベージ

■特徴/スペック概要

  • クラス最高の画質を実現するため、16群23枚のレンズ構成を採用
  • 蛍石レンズに匹敵する光学性能の「スーパーED(異常分散)レンズ」1枚
  • 6枚のEDレンズ
  • レンズ全面に「HT-EBC (High Transmittance Electron Beam Coating)」
  • 新開発のナノGIコーティング技術も採用
  • 円形7枚絞り羽根に
  • ズーム操作を行ってもレンズの全長が変化しない光学系を採用
  • インナーフォーカス方式採用
  • レンズ駆動部にリニアモーターを120°間隔で3つ配置した「トリプル・リニア・モーター」の搭載
  • クラス最高水準の強力な手ブレ補正性能
  • 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造
  • 金属製のフォーカスリングと絞りリング
  • 外装は金属部品
  • レンズマウントには真鍮を採用し強度を向上
  • スムーズにマニュアル操作でフォーカスすることが可能(
  • 最短撮影距離 1m
  • 最大撮影倍率 0.12倍(望遠)
  • 外形寸法:最大径×長さ(約)ø82.9mm×175.9mm
  • 質量(約)995g
  • 「Xシリーズ」と本レンズで、同等の焦点距離・F値を持つフルサイズセンサー一眼レフカメラと比べて約半分の重さ
  • フィルターサイズ ø72mm
  • 略称 F XF50-140 F2.8 R LM OIS WR

■XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの公式サンプルイメージは近日公開ということです
乞うご期待;;^^)

■各メディアの記事

富士フイルムは、Xマウントの大口径望遠ズームレンズ「XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR」を11月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は税別17万5,000円前後の見込み。

Via : 富士フイルム、大口径望遠ズームレンズ「XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR」 – デジカメ Watch

35mm判換算で76mm~213mm相当の焦点距離をカバーし、ズーム全域で開放F値2.8の明るさを実現したレンズで、「XFズームレンズ」のフラッグシップモデル。高度な光学設計により、色収差を抑えることで、高い解像力を実現している。

Via : 価格.com – 富士フイルム、全域でF値2.8の50-140mm望遠ズームレンズ

レンズ全面に多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」を施したほか、新開発のナノGI(Gradient Index)コーティング技術によって、ゴーストやフレアを効果的に抑制する。

Via : 富士フイルム、開放F2.8通しの大口径望遠ズーム「XF50-140mmF2.8」 | マイナビニュース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す