スポンサードリンク

スーパーボケレンズ富士フイルム XF56mmF1.2 R APD レンズによる世界初のショット:追記あり

Pocket
LINEで送る

フォトグラファーのNathan Elson氏が未発表のFUJIFILM XF56mmF1.2 R APDレンズによる作品を公開していたということです。

Here are 5 images he shared on his blog. Download them and take a look at the EXIF data… it says: XF 56mm f/1.2 APD. Enjoy …. and thanks a lot to the FR-reader who linked me the images.

Via : THIS… IS… HOT !!!! World’s first images shot with the NEW SUPER-BOKEH XF 56mm f/1.2 APD lens… now ONLINE! | Fuji RumorsFuji Rumors

これまで、噂であったFujinon XF56mm f/1.2 R APDレンズの、”APD”が、「アポダイゼーション光学エレメント」を表記しているということで、ミノルタ/ソニーが製品化している、STF(スムース・トランスファー・フォーカス)レンズ相当の高価を56mm F1.2に組み込み、更なるスーパーボケレンズを実現した新レンズと言われていました。

今回アップされている写真のEXIF情報を調べて見ると、撮影日は2014年8月8日。カメラはFUJIFILM X-T1、そしてレンズモデル名は「XF56mmF1.2 R APD」という表記がありました。

既に、写真家の方が使われているということは、すぐにでも発売される可能性が高いですね!
これは楽しみです。
ところで、価格は、現行のXF56mm F1.2 Rレンズからどれくらい高価になるのでしょうか?

【追記】
Nathan Elson氏がFujirumoresに、公開出来ないイメージという連絡があり、消去されたということです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す