スポンサードリンク

富士フイルム X100Tにはリアルタイムパララックス補正が搭載される?

Pocket
LINEで送る

fujirumorsに続々寄せられているX100T のスペックアップデート情報ということです

Much has been already rumored, but not all. And thanks (!!!) to the anonymous source with nick-name, I can now post a X100T specs update:

Via : X100T: USB-charging system, 7 FN buttons, bigger LCD than the X100S and more! | Fuji RumorsFuji Rumors

 

最も大きなニュースは、ハイブリッドビューファインダーで光学ファインダーを使う時のリアルタイム・パララックス補正機能が動作するということです。
また、リアスクリーンは2.8インチのX100より大型化された3インチ104万ドットで、固定タイプ。レンズは変更無し、AFスピードは0.08秒。
少し前の噂では電子シャッターで1/32000が可能になり、7つのファンクションボタンが備わり、フィルムシミュレーションモードにクラシッククロームが追加されるということです。

ということで、スペックまとめ

  • 発表は9月10日
  • 1600万画素X-Transイメージセンサー
    • センサーサイズはAPS-C
  • 名称は「FUJIFILM X100T」
  • 104万ドット、3インチLCD
    • ティルト液晶では無い
  • 23mmレンズ、6群8枚 HTC-EBCコーティング
  • 進化したハイブリッドビューファインダー
    • OVF時のパララックス補正
    • X100より改善された新EVFだがX-T1ほどでも無い
    • EVFは倍率x0.67、画角27度
  • AFスピード0.08
  • 電子シャッター搭載(最大1/32000秒)
  • クラシックフィルムシミュレーション
  • 7つのファンクションボタン
  • USB充電

リアルタイムパララックス補正によって、X100の特徴であるOVFがより使えるようになり、魅力倍増という感じですね。
電子シャッターも面白そうです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す