スポンサードリンク

ソニー Eマウント 4Kカムコーダー「FS700II 」リーク画像(SAR)

Pocket
LINEで送る

sonyalpharumorsのサイトに、SONYのFS700IIのリークイメージが、掲載されています。
Filmaker.cnという中国の掲示板で掲載されていたということです。

このFS700IIはすぐに発表されるということです。
また、FS700IIは30,000ドルで販売されている4Kカムコーダー、PMW-F55と同じサイズで同じ画素数のセンサーが採用されているという情報もあるということです。

これまでの情報によればFS700IIのライバルはズバリCanon Cinema EOS C300とC100。
もうすぐ発表ということは、フォトキナも何か展示などがあるかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “ソニー Eマウント 4Kカムコーダー「FS700II 」リーク画像(SAR)

  • 2014年9月3日 at 11:44 PM
    Permalink

    キヤノンのEOS C100/300って普及率はどんな感じなのでしょうか?
    6月に「蟲語」って番組に出演させて頂きましたがメインにおそらくEOS C100で左右にEOS 5D3で俯瞰目のカメラに多分GH3だったと思います(遠目に見てたので正確な機種名は未確認)
    ソニーも対抗機種を出してくるという事はキヤノンの目算が当たってたという事なのでしょうね。

    こうなるとカメラの性能も重要ですがレンズ資産も大きい気がしますね。
    当然シネマレンズだけではカバーしきれないと思いますし(^_^;A

    ニコンはリング回転方向が逆なのでムービー市場ではかなり不利だと思います。

    Reply
    • 2014年9月8日 at 11:41 PM
      Permalink

      ありがとうございます、実際の現場でもキヤノンのシネマ機が見られるということですね。

      キヤノンのC100/C300は、ハリウッドのシネマ系から、取材ロケ用、クリエーター系など幅広く使えるのが売りということでしょうか。
      キヤノンは一眼レフやミラーレスの方もSTMの採用など、将来を見据えた戦略を実践するのが上手ということかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す