スポンサードリンク

フルサイズ超大口径レンズ中一光学SPEEDMASTER 50mm F0.95レビュー記事

Pocket
LINEで送る

マップカメラのレビューサイト「KASYAPA」に。ソニーFEマウントの、超大口径MFレンズ中一光学「SPEEDMASTER 50mm F0.95」レビュー記事が掲載されています。

マップカメラ”Kasyapa”チームに面白いレンズが送られてきました。『SPEEDMASTER 50mm F0.95』と刻印されたレンズはSONY マウントを採用したフルサイズ対応レンズ。 中一光学というあまり聞き慣れないメーカー名に若干の不安を感じつつも、ライカのノクチルックスと同じ50mmF0.95というスペックに魅せられて早速撮影に出掛けてきました。

Via : マップカメラ | KASYAPA | 232:コストパフォーマンスF0.95『SPEEDMASTER50mmF0.95』 | etc.

中一光学は中国のレンズメーカーということで、こちらのそのHP。マイクロフォーサーズ用のレンズもラインナップされているようです。

マップカメラでも販売されており、今回はフルサイズ対応のSPEEDMASTER 50mm F0.95をα7Rに装着してのレビューということです。

■質感・操作性

  • 持った瞬間にガラスの重さを感じる
  • α7Rとの組み合わせでは少々前のめりになるバランス
  • 重めのピントリングの感触が良い
  • 被写界深度が薄すぎてピントが捉えづらい
  • 絞りリングは無段階式で自分好みのボケ具合いを探すの楽しくなる

■描写

  • ボケの大きな綺麗な描写
  • 湿度感をしっかり伝えるクリア感も素晴らしい
  • 少し絞ればシャープ感が高まり質感描写はさらに良くなる
  • 少しアンダー気味に撮影するとオールドレンズに似た味のある表情を見せる
  • 開放で光のグラデーションもとても綺麗

■ボケ味

  • なだらかかな前ボケ効果
  • 独特なボケ味、少し癖のあるボケ味
  • 絞り開放で光源ボケがレモン型
  • 開放では、全体的にピントの甘さを感じるが、色乗りはしっとりと落ち着いた印象
  • 寄って少し絞ればまた違ったボケ味を楽しむことができる

■まとめ

  • 恐るべきコストパフォーマンス
  • レンズ自体の質感も上々
  • とろける様なより大きなボケが手軽に楽しめる魅力あるレンズ

10万円以下でF0.95の超大口径、しかもフルサイズということですから、これはお買い得なレンズかもしれませんね。
絞りクリックが無いことでし、動画で撮影で使うとその少し甘い雰囲気を活かすことが出来るレンズかもしれませんね。
またこういったレンズが楽しめるのも、フルサイズミラーレスカメラであるソニーα7シリーズの大きな楽しみの1つだと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す