スポンサードリンク

ニコン D810、D800E、D800比較記事(価格.comマガジン)

Pocket
LINEで送る

価格.comマガジンで、ニコンのフルサイズ一眼レフカメラD810と、従来機種のD800E及びD800の比較を行った記事が掲載されています

似たスペックの製品や新旧モデルなどを比較対決する連載「The 対決!」の第4回。今回は、ニコンの35mmフルサイズデジタル一眼レフの新モデル「D810」をピックアップ。従来モデル「D800/D800E」との比較作例を用いながら、新旧3モデルの色味と解像感の違いについてレポートしよう。

Via : 価格.comマガジン ニコン「D810」の画質を従来モデル「D800/D800E」と比較してみた

■屋外の作例

  • 「D800E」と「D800」では青空がややマゼンタ寄りで、わずかに色かぶり
  • 「D810」はクリアーで抜けのよい色描写、発色もよくなっている

■屋内の作例

  • 差がより顕著
  • 「D800E」と「D800」ではグリーンからシアンの色かぶり
    • アンバー寄りの色味になり、赤色が朱色に近くなる
  • 「D810」はすっきりとした色
    • 赤がより正確に再現
    • 極端な色転びが減り安定した撮影が行える

■「D810」の画質変化

  • 色再現性
    • 従来モデルからさらによくなっている
    • 色調の傾向が変わった
    • 赤色の再現性が上がっている
    • オートホワイトバランスの精度が向上しより忠実に
  • 階調性がよくなっている
    • 色つぶれやトーンジャンプが起こることなく、高コントラストな描写
  • 露出の安定性が高まった
    • 明るめに仕上がることが多いが、露出オーバーになりにくい

■解像感

  • 「D810」と「D800E」が「D800」を上回る
  • 「D810」と「D800E」を比べると、コントラストが高くなった「D810」のほうがシャープでエッジの立った描写
  • 輪郭を無理に強めている感じがなく、線が太くなったり、リンギング(擬似輪郭)が目立つようなことがない
  • 画像処理が向上している印象
  • 高周波成分の多いところにおいて、にじみが減り、ディテールの再現性がよくなっている

■操作感

  • シャッターフィーリングは「D800/D800E」よりも確実によくなっている
  • オートフォーカスについても、従来以上に食いつきがよくなっている
  • ファインダーも抜けがよくなり、クリアーで見やすい
  • 液晶モニターが高精細化しライブビュー撮影でピント位置が確認しやすくなった

■まとめ

  • 色と解像感の両方で、従来モデルからの進歩を感じる
  • 操作感が向上したことも大きい

外観デザインは略同じでイメージセンサーの画素数が同じこともあり、マイナーチェンジの印象もあるD810ですが、中身は別物といった感じですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す